その時、その瞬間にしか書けないことってある。

Pocket

楽しいと思ったり、悲しいと感じたり、ワクワクしたり。

感情というものは、その時、その瞬間によって変わりますし、川のように、絶えず流れているようなものだと思います。

常に流れている感情というものは、逐一覚えていることなどできません。いちいち「あの時は、こんな気持ちだったな〜」なんて覚えていられないし、つらいことや悲しい思い出がだんだんと薄れていかず、いつも鮮明に思い出せてしまうことほど、しんどいこともないのではないでしょうか。

こんな話をして言いたかったのは、人は、その時感じたことや思ったことのほとんどは忘れてしまうということです。

忘れてしまうということは、その時考えていたことを言葉にしないと、記憶にも記録にも残らないということです。

その時、その瞬間にしか書けないことってある

僕自身、ブログを書き始めて2年以上経っていて、今ではポツポツと更新する感じです。

昔の記事をたまに読んでみると、こんなこと考えていたのかという発見があったり、いまと考え方が違っているなという気づきがあったりします。自分が書いた文章を読みかえすと、いい意味でいろんな発見があるのです。

とてもじゃないけど、今の自分では書けないような文章もあったりします。

以下の記事は本ブログに移転する前で3年くらい前に書いたものです。同じような考えはもってはいますが、今同じようなテーマで書いたら違った文章になるんだろうと思います。

参照:人生とは「遊び」であり、いかに自分を楽しませることが出来るかどうか。

この記事を読みながら改めて思いますが、その時、その瞬間にしか書けないことってあるなあということです。

残したい感情は、形にしておく

残したいと思った感情は、何かしらの形にして残しておくことが、その時の自分にとっても未来の自分にとっても役に立ちます。

文章にしておくということは、もっとも手軽で簡単です。日記でもいいし、ブログでもいいし。

特に感情を文章にしてよかったと思ったのが、自分の将来に対してどう行動していけばいいのかがわからないと悩んでいた数年前でした。

書いている当時は気がつきませんでしたが、モヤモヤした感情を言葉にしていくと、頭の中が整理されていくし、自分が大切にしたいことが少しずつですが見えてきたりします。

そして未来の自分がそれを読み返した時に、その文章に励まされたり、昔の自分から学んだりすることがあったりするのです。

上記のことを実体験から強く思う、今この瞬間に、この文章を書いています。

最後に

「日々の成長が大事!」なんて、マッチョな考え方はとてもじゃないけどできないのですが、自分にとって大切だと感じたことを、自分なりに整理して言葉に残しておくと、少しだけ前よりも成長を感じます。

文章を習慣的に書いていた時期は特に、今振り返ってみると成長していたように思えます。

その時、その瞬間にしか書けないことがあると思うし、2019年はより自分の感情と向き合いたいです。

一年の目標にも書きましたが、毎月10記事以上は、本ブログを更新していきます。

参照:2018年の振り返りと、2019年の目標。

Pocket

スポンサーリンク