何をやるかも重要だけど、僕は誰とやるかにこだわっていきたい。

Pocket

理想を追い求め、やりたいことをすることはとても重要なことですが、僕は何をやるか以上に「誰とやるか」にこだわっていたいと思っています。

たとえ、自分が望んだ仕事であっても、人との関係次第ではその仕事が嫌いになったという例はざらにあります。一方で、大して望んだ仕事でなくても職場の仲間に恵まれることで、充実した仕事をこなせるようになることだってあるのです。

今日は、誰とやるかの大切さについての話です。

自分がやりたいと思っていた仕事でも、人間関係次第で嫌いな仕事に成り得る

僕は、以前人が理由で、自分がやりたいと思っていた仕事自体が嫌いになる寸前にまでなってしまったことがあります。

大抵の職場では上司が選べず、僕のような人とのミスマッチが起こり得ます。嫌いな上司と仕事をせざるを得ない場面では、自分が成果を出しながら仕事をするのはなかなか難しい場合が多いです。

好きな仕事だったのが周りの環境のせいで、それが嫌いな仕事になってしまうというのは、すごく悲しいことです。

そうなってしまう前に、転職や職場を変えることを考えるべきなのかもしれません。ちなみに僕は、その働いていた業界自体が一時期かなり嫌になってしました。

素敵な仲間がいると、仕事も楽しみながらできる

仕事をする上で一番大切なことは、自分が楽しみながら仕事をすることだと思います。

楽しみながら仕事が出来るか否かを大きく左右するのが、なにより職場の同僚や上司の存在です。

素敵な仲間がいると仕事を頑張れるものですし、互いに切磋琢磨できます。

あまり仕事自体は好きではないけど、素敵な仲間と一緒に仕事をするから、充実していて楽しいと思っている人もたくさんいることでしょう。

最後に

何をやるかも重要だけど、僕は「誰とやるか」にこだわっていきたいという話をしました。

決してやりたい仕事を目指さないで、それ以上に「人」に注目して、仕事を選ぶべきと言っているわけではありません。もちろん、自分が好きな人と好きな仕事をするのが理想ですし、それを追い求めるべきです。

自分の嫌いな人ではなく、自分の好きな人のために自分の命を使ってこその人生なのだと僕は思います。

それではまた〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です