個人ブログのドメインに、信念を込める。

Pocket

サイトのドメインを、どのようなものにするか。

Webサービスやブログを運営する人にとっては、誰しも悩むと思います。

ほしいと思ったドメインの多くは、すでに誰かに取得されている場合が多いです。むしろ、自分の希望に合ったドメインが見つかることのほうが少ないでしょう。

数々の制約の中から、サービスやブログのコンセプトに合ったものを見つけるのは至難の技なのです。

僕自身も、本サイトのドメインを決める際には、しっかり時間をかけて考えました。

ドメインに、信念を込める

このブログでは個人的に考えたことを主に書いているので、僕自身の大切にしたい信念のようなものをドメインにしようと考えました。

そこで選んだのが、otenma.comというドメインです。「otenma」は、北信州に伝わる「おてんま」という方言からきています。

関連記事:長野と群馬の一部地域でよく使われている言葉「おてんま」とは?

個人の利益になることを共同するのではなく、みんなのためになることを、みんなでするという意味で、主に使用されいる言葉で、今でも、群馬や長野の一部では、道の整備や河川の清掃などをする「おてんまの日」が残っています。

上記の記事では記述していませんが、この言葉には個人的に思い入れがありました。

これまでの人生の中で大切にしたいと思ってきたこと、そしてこれからもこの「おてんま」的な精神を持っていきたいと考えており、自分本位で物事を考えてしまう自身に対する自戒を込めるという意味でも、このおてんまという言葉をドメインにするというのがベストだと感じました。

今でもこのドメインには一切不満はありませんし、このサイトが続く限り大事にしていきたいです。

自分の信念や大切にしたいと考える言葉をドメインにすると、サイトに対する愛着が一層増すように思えるのでおすすめしたいです。

最後に

個人で運営するブログのドメインは、工夫されて面白いものがありますし、個性が出るので、必ずチェックしています。

また、企業のコーポレートサイトやWebサービスのドメインは、事業のコンセプトと紐づけられているのが多く、熟考されて決められているので、非常に勉強になります。

例えば、手元にある売りたい物品の写真を撮るだけで、すぐに現金化(キャッシュ)が可能なサービスのドメインは「cash.jp」です。

シンプルで覚えやすいですし、事業のコンセプトに非常にマッチしていますよね。

ドメインをどうするかは、サイトやサービスの運営にも関わってくるので、しっかりと決めておきたいですよね。

今回はこの辺で。

それではまた〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です