佐世保駅から、バスで日本本土最西端の地である神崎鼻公園へのアクセスの仕方。

Pocket

日本の本土にある最西端の地がどこにあるかご存知でしょうか。

離島をふくめた場合、沖縄県の与那国島が日本最西端の地ですが、日本本土の最西端で見ると、長崎県佐世保市にある神崎鼻公園がその場所です。

以前、佐世保駅前からバスに乗って、神崎鼻公園にいくことがあったのでそのアクセス方法について、紹介したいと思います。

 佐世保駅前から、神崎鼻公園への行き方

神崎鼻へは電車でのアクセスはできないので、バスを乗り継いで向かいます。

まず佐世保駅前にある西肥バスセンターから、松浦行きのバスに乗ります。

途中の佐々バスセンターで降り、江迎(えむかえ)・楠泊(くすどまり)方面行きのバスに乗り変えます。※僕は佐々バスセンターで降りるのを忘れており、松浦方面に行きすぎてしまったため、佐々バスセンターまで引き返すことになりました。行かれる方はご注意ください。

IMG_3033

佐々バスセンターで、江迎・楠泊行きに乗り換えたら、神崎入口で降ります。

IMG_3034

神崎入口からは20分ほど歩くと、神崎公園の入り口です。最西端の地ということでワクワクしながら歩きました。

IMG_3036IMG_3044

公園の入り口に到着後、いくらか歩くと、最西端の地であることを証明するモミュメントがしっかりと立っていました。

IMG_3065 IMG_3054 IMG_3132 IMG_3089

天気は曇りでしたが、時より太陽が出てきて素晴らしい景色でした。土曜日でしたが、観光客の方はとても少なかったです。僕は3時間ほど滞在していましたが、その間に見かけた人は4組程度でしたので、一人の時間を過ごすにはぴったりな場所だと思います。

白いモニュメントの場所から下の岩場まで降りることができます。岩の多くは、波で侵食されたのでしょうか。ボコボコ穴が空いていました。その中で偶然ハート型の穴ぼこが開いている岩を見つけました。

IMG_3127 IMG_3126

ちゃんとハートマークに見えますよね。すこしラッキーな気持ちになれました。見つけやすい場所にあったので、行かれる方はぜひ探してみてください。

最後に

所要時間と運賃ですが、佐世保駅から佐々バスセンターまでが約40分かかり、運賃が500円です。佐々バスセンターから神崎入口までが約25分で運賃が510円です。

僕が行ったときは、バスは1時間に1本程度しか走っていないので、バスで行かれる方は特に帰りのバスの時刻表はちゃんとチェックしておくことが大事だと思います。

雄大な景色を前に、潮風に吹かれながらただそこでぼーっとするだけのすごく贅沢な時間を過ごせました。人が少ないので、景色も独り占めできます。

佐世保を訪れる人には、ぜひオススメしたい場所です。

それではまた!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です