お客様のためなら、社員をないがしろにしていいのか?

Pocket

お客様の期待に答えることができなければ、会社は継続し続けることができず、じきに潰れてしまう。

お客様を第一に考えることは、会社にとっては当たり前のことなのかもしれません。経営者的には、お客様と社員だったらお客様のことを優先的に考えるのでしょう。

ただ、「お客様のためなら無理をしてでも仕事をしろ」がいきすぎると、働く人たちが疲弊してしまう。

社員を大切にすることができない会社は、お客を大切にすることができないでしょう。また、これからの時代、インターネットによって、隠そうとしても企業の情報はどんどんとオープンになっていくでしょうし、社員を大切にしていない姿勢は、外部の人々に伝わるのだと思っています。

お客様のために社員をないがしろにせず、社員がイキイキと働くことができる職場ができれば、それが結果的に「お客様のため」につながっていくんじゃないかなと考えています。

このテーマは、日々の生活のなかで引き続き考えていきたいことの一つです。

Pocket

スポンサーリンク