手間がかかることは、間違いなく「価値」になる。

Pocket

「手間がかかる」という言葉は、高い確率でそれがマイナスのニュアンスを含むものとして使われています。

辞書で基本的な意味を調べてみると、「想定した以上に時間や工数を要したさま」「物事が短い期間では完成しないさま」「何かと世話する必要があり煩雑なさま」などと説明されています。

いずれも効率化と生産性の向上を目指す資本主義的視点からみると、明らかに手間はできるだけなくすべきものでしょう。

一方で、「手間がかかる」は、ポジティブなイメージを含むものとしてもつかわれています。

「手間をかけてつくられた商品」「手間がかかっている料理」などと聞くと、なんだかそのものにたいする期待が高くなるようです。

僕は、このポジティブで使われる手間のイメージが、近い将来、ネガティブなイメージで使われる「手間がかかる」を越えていくと思っています。

要は、「手間がかかる」という言葉は、ほとんどの場面において良い意味を含むものとして使われるようになるのではないかということです。

いかに手間を省くかを追求してきた時代

18世紀後半、イギリスではじまった「産業革命」から、人類はいかに手間を省くことができるかを追求してきました。

1950年代後半、日本でもいわゆる三種の神器と呼ばれた白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫の家電3品目にだれでも手が届く時代が訪れ、劇的に生活が変わっていきました。

テクノロジーのおかげで、これまで苦労して手間をかけてきた物事からだんだんと解放され、人類はより快適に生きていけるようになったのです。

これは先人たちの努力の賜物であり、現代の僕たちはその恩恵を受けています。

手間を省きつづけることに対する先にあるもの

世界中で、日々新しい技術やサービスが生まれ、人々の助けとなっていますが、際限なく手間を省き続けた先にある未来に不安感は多少なりともあります。

テクノロジーによる効率の先にある未来。人間のやることがほとんどなくなり、人々が「暇」になるとなにが起こるか。

未来のことを考えて不安になることは、まったくむだで自分のためにならないことですが、手間がなくなったその先にあるものは、良いことばかりではないように思えます。

手間は省けたけど、それによって失われる「価値」というものが数多くあるのではないか。手間と密接につながりあっている価値があるのではないか。

けんすうさんが、以前にブログでこんなことを言っていました。

引用:テクノロジーによる効率の先にある未来ってなんだろう

テクノロジーによって成し遂げられる未来というのは、基本的には「人間が人間らしく生きられる」ことだと思っていて、それは「友達や家族と楽しく会話する」とか「人とのふれあいの時間が長い」とか「本当に楽しいと思う趣味に没頭できる」とかだったりすると思うんですよね。

僕が手間が省けたけど、失われる「価値」ととらえていたのは、けんすうさんの「人間らしさ」の意味に近いように思えます。

人の手をかけるからこそ、愛情を伝えたり、ものがたりを伝えたりすることができることがあります。

関連記事:現代の飛脚から学ぶ非効率の価値。非効率だからこそ、愛情や想い、物語を届けることができる。

テクノロジーによって、わずらわしい手間が削ぎ落とされて言った先には、あえて手間をかけるという価値がより大事にされるようになるのではないでしょうか。

今回はこのへんで〜。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です