どのような製品であれば自分たちは本当に誇りを持てるか?

Pocket

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』のなかで、これからのマーケティングのあり方について、参考になる記述がありました。

これまでのマーケディングについては、以下のような記述があります。

ビジネスはこれまで、人々のニーズや好みや購買行動に応じて顧客を分類する技術では、かなりの水準にまで発展してきた。今後は、顧客セグメントごとに自社製品とブランドを注意深く配置して、それらの魅力を高めていくだろう。

成熟した大量消費の市場では、企業は次から次に新しいニーズをつくりだし、人々の心の内に隠れている不安や虚栄心を巧みに操ることも多い。「これを買えば、自信がみなぎるように感じますよ」「これを買えばあなたも人気者」「これを買えば成功します」といった具合だ。

市場のニーズを読み、分析。製品コンセプトを打ち出し、消費者のニーズを生み出す。上記のマーケディング手法は、大学のマーケディングの授業で学べるようなことです。

生み出す商品に誇りを持てるかどうか

本書は、新たなマーケディングのあり方について、以下のように言及しています。

マーケティングに対する進化型組織のアプローチは実に単純だ。正しい提案だと感じる内からの声に、耳を傾けるだけなのだ。顧客調査もフォーカス・グループもない。基本的に、マーケティングは次の一言に集約される。「これが私たちの提案です。今この瞬間に、これこそがおそらく、私たちにできるせいいっぱいのことです。お気に召していただけると良いのですが」。

一風変わったパラドックスだが、進化型組織は世界のノイズ(調査、フォーカスグループ、顧客分類)に合わせるのではなく、自分の内なる声に耳を傾けて世界のニーズに応えようとしているのだ。どのような製品であれば自分たちは本当に誇りを持てるか? どのような製品なら、世界の本当のニーズを満たせるだろう? 進化型組織の人々が、新製品を決めるときに考えるのは、こうした問いであり、分析よりも美と直感で導かれる思考プロセスだ。

世の中のニーズに応えるために、商品を生み出すという思考の過程ではなく、自分の自分の内なる声に耳を傾けて、世界のニーズに応えようとする。

理性や論理が第一ではなく、感性や直感が重要視されるというのが非常に興味深いですね。

最後に

どのような製品であれば自分たちは本当に誇りを持てるか?

本書が指摘する次世代型組織のマーケディングのあり方が、この言葉に集約されているように思います。

市場のニーズを分析し、売れるかどうかから、この製品に誇りを持てるかどうかという視点を持つ。

今回はこのへんで〜。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です