WebサイトのSSL化の途中で、WordPressにログインできないときの対応策(エックスサーバー)

Pocket

WebサイトをhttpからhttpsにSSL化をしている途中で、WordPressにログインできなくなるという自体に陥りました。

SSL化の手順が悪かったためか、WordPressの管理画面の設定から、WordPressアドレスとサイトアドレスを変更した際に、ログインできなくなりました。

追記:原因がわかりました。エックスサーバーのサーバーパネルから独自 SSL 設定を追加しますが、その後反映までに一時間ほどあることに気づかず、そのままワードプレスの方もいじっていたからです。なぜ、そのとき気がつかなかったのか疑問に思いますが…笑

その後、修正し、独自SSLを追加しました。参考にさせていただいたのは、以下の二つの記事です。

参照:WordPressブログを始めたばかりの今がチャンス!すぐにhttpsサイトにした方がいい訳

参照:エックスサーバー独自SSLが無料!WordPressサイトをHTTPS化する方法

上記の記事を参照すれば、SSL化は問題なくできると思います。

これより以下は、僕がSSL化の途中で、ワードプレスにログインできなくなったときに、復元した方法ですので、該当する方のみ参考にしてください。


僕はエックスサーバーを使用しているので、ログインできるようにするために、サーバーの管理画面から直接データベースにアクセスして、変更してしまったURLを元に戻しました。

SSL化の途中で、Wordpressにログインできなくなったときの対応策(エックスサーバー)

復旧に際しては、下記のブログ記事が非常に参考になりました。

参照:WordPressにログインできない時の解消方法。一般設定で変更したURLを戻す方法

なお、上記の記事で少し気になったところが、修正の際にwp-config.phpというファイルをデスクトップで開く際に、TeraPadという無料のテキストエディタをダウンロードする必要があると書いてありますが、その必要はありませんでした。(MacBookなら、CotEditorでOK)

また、wp-config.phpのファイルを開いて、データベースにログインするための3つ情報を得ますが、(WordPress のためのデータベース名、MySQL データベースのユーザー名、MySQL データベースのパスワード)、僕が確認したときは、記事に記載されている行数が違っていました。ただ、ファイルを何行目に3つの情報が記載されているかは、簡単にわかるので問題はありません。

上記の記事通りに、進めていけば問題なく以前のようにログインできるようになります。

最後に

WordPressにログインできなくなったのは初めてだったので、かなり焦りましたが、ネット上で有益な情報を出してくれている方のおかげで、問題なく解決することができました。

失敗しながら知識をつけていくことは非常に大事なことですが、WordPressの場合、初心者やプログラミングに疎い人たちがいじると、画面が真っ白になってサイトが表示されないなんてことがあります。

バックアップをとっておくのはもちろんのこと、サイトデザインをいじる前の下準備や基礎的な知識はつけといたほうが良いなと思います。

あと、ネットでの情報収集は、一つのサイトに頼るのではなく、複数のサイトから情報収集した方が良いです。元々知識がある人向けに書かれた記事と、初心者向けに書かれた記事では、内容の丁寧さがまったく違います。

それではまた〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です