持続的な開発目標(SDGs)から、社会課題の解決に向けたビジネスアイデアを考えてみては?

Pocket

2015年の9月、ニューヨークにある国連本部において、「国連持続可能な開発サミット」が開催されました。150をこえる国連加盟国首脳が参加し、その成果文書として、「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択されました。

参照:我々の世界を変革する:持続可能な開発のための 2030 アジェンダ

アジェンダでは、人間、地球及び繁栄のための行動計画として、貧困や教育など17分野にわたる持続可能な開発のための目標と、169のターゲットからなるSDGs(Sustainable development Goals)が掲げられています。

参照:Sustainable Development Goals ウェブサイト

2015年から2030年までの15 年間にわたり、持続可能な開発への行動指針となるSDGs。今回は、SDGsを紹介しながら、社会課題の解決に向けたビジネスモデルを考えるうえで、SDGsの目標は参考になるということについてです。

目指すべきビジョンは?

SDGsには、17の目標が掲げられていますが、それ以前に何を目指してこの目標がかかげられたのでしょうか。以下、持続可能な開発のための 2030 アジェンダからの引用です。

(目指すべき世界像)これらの目標とターゲットにおいて、我々は最高に野心的かつ変
革的なビジョンを設定している。我々は、すべての人生が栄える、貧困、飢餓、病気及び
欠乏から自由な世界を思い描く。我々は、恐怖と暴力から自由な世界を思い描く。すべて
の人が読み書きできる世界。すべてのレベルにおいて質の高い教育、保健医療及び社会保
護に公平かつ普遍的にアクセスできる世界。身体的、精神的、社会的福祉が保障される世
界。安全な飲料水と衛生に関する人権を再確認し、衛生状態が改善している世界。十分で、
安全で、購入可能、また、栄養のある食料がある世界。住居が安全、強靱(レジリエント)
かつ持続可能である世界。そして安価な、信頼でき、持続可能なエネルギーに誰もがアク
セスできる世界。

(目指すべき世界像)我々は、人権、人の尊厳、法の支配、正義、平等及び差別のない
ことに対して普遍的な尊重がなされる世界を思い描く。人種、民族及び文化的多様性に対
して尊重がなされる世界。人間の潜在力を完全に実現し、繁栄を共有することに資するこ
とができる平等な機会が与えられる世界。子供たちに投資し、すべての子供が暴力及び搾
取から解放される世界。すべての女性と女児が完全なジェンダー平等を享受し、その能力
強化を阻む法的、社会的、経済的な障害が取り除かれる世界。そして、最も脆弱な人々の
ニーズが満たされる、公正で、衡平で、寛容で、開かれており、社会的に包摂的な世界。

(目指すべき世界像)我々は、すべての国が持続的で、包摂的で、持続可能な経済成長
と 働きがいのある人間らしい仕事を享受できる世界を思い描く。消費と生産パターン、そ
して空気、土地、河川、湖、帯水層、海洋といったすべての天然資源の利用が持続可能で
ある世界。民主主義、グッド・ガバナンス、法の支配、そしてまたそれらを可能にする国
内・国際環境が、持続的で包摂的な経済成長、社会開発、環境保護及び貧困・飢餓撲滅を
含めた、持続可能な開発にとってきわめて重要である世界。技術開発とその応用が気候変
動に配慮しており、生物多様性を尊重し、強靱(レジリエント)なものである世界。人類
が自然と調和し、野生動植物その他の種が保護される世界。

たしかに、「目指すべき理想的な世界」は上記に記載されたことなのかもしれません。すべての条件を満たすことはそもそも不可能なので、できることから一歩ずつ行うことが大事なのでしょう。

机上の空論のように聞こえなくもないですが、目標を掲げるということは非常に重要なことです。

17の目標

以下の画像は、17の目標がわかりやすくまとまっています。

参照:国際連合広報センター

1、貧困をなくそう
2、飢餓をゼロに
3、全ての人に健康と福祉を
4、質の高い教育をみんなに
5、ジェンダー平等を実現しよう
6、安全な水とトイレを世界中に
7、エネルギーをみんなにそしてクリーンに
8、働きがいも経済成長も
9、産業と技術革新の基盤を作ろう
10、人や国の不平等をなくそう
11、住み続けられるまちづくりを
12、つくる責任 つかう責任
13、気候変動に具体的な対策を
14、海の豊かさを守ろう
15、陸の豊かさも守ろう
16、平和と公平をすべての人に
17、パートナーシップで目標を達成しよう

アジェンダをみると、より具体的なことが述べられてるので、興味がある方は見てみてください。

また、なぜ、このような目標を掲げているのか、その理由が数字としてわかりやすく理解できるページもあります。

参照:持続可能な開発のための2030アジェンダ採択 — 持続可能な開発目標ファクトシート

社会課題に対して、企業がビジネスで応える

個人でもSDGsの目標に沿って行動をおこしていくことができます。ただ、やはり大きな影響を与えられるのが、民間企業です。ビジネスにおいて社会貢献での関わりを深めていくことに、大きな可能性があるのです。

社会性を高めながら、しっかりと経済性も追求するビジネスのことを、ソーシャルビジネスと言ったりしますが、社会課題に直接的に貢献するということが、そもそも必要な時代になってきているのではないかと感じます。

関連記事:ビジネスを通じた社会課題解決を目指す、ソーシャルビジネスとは?

消費者も、自分が買う商品が社会にどのような影響を与えているのかついて、どんどん敏感になってきていますし、若者が働きたい企業を選択するときも、自分の仕事が社会にどんな影響を与えられるかが基準になったりもしています。

企業活動や新しいビジネスを創る際に、SDGsの目標は非常に参考になるのではないかと思います。17の目標達成を手助けできるビジネスのアイデアを思いつくことができれば、それはすごく可能性があるのではないでしょうか。

最後に

国連で、17の目標が採択されても、そもそもそんな目標があることすら知らない人がたくさんいると思います。僕も、最近まで知りませんでした。

目標は掲げるだけのものではなく、それを実現させることに大きな意味があります。一人ひとりが、行動していく必要があるのでしょう。

また、社会をいい影響を与えられるようなビジネスがしたいと考えている人は、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を読んでアイデアを出してみると非常にいいと思います。

それではまた!

関連記事:社会貢献したい人はまずは自分貢献をして、足元にしっかりと土台をつくろう。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です