なぜ結果を出すことが大切なのか。

Pocket

結果を出すこと。これはどんな世界においても、大事なことでしょう。

良い成績をあげる、商品をたくさん売る、勝負に勝つ。人々は、日々結果を出すために、奮闘しているといってもいいのかもしれません。

僕も、もれなく結果を出すというプレッシャーを多少なりとも受けながら毎日を過ごしています。

さて、それではそもそもなぜ結果を出すことが大事なのでしょうか。よく結果よりも過程が大事という人もいます。どちらかというと、僕も過程を大事にしたい人間でした。

でも最近は、できるだけ早く結果を出すことが大事であり、過程云々いうのは一度結果を出してからでいいと思うようになりました。

結果を出すことで自信が生まれる

結果を出すことで変わるのが、まず周囲からの評価です。周りの人が認めてくれることで、自分の存在感を発揮しやすい環境になります。ただ、結果を出すことで一番変わるのが、自分自身です。

結果を出すと、自分にちっちゃな自信が生まれてきます。人間不思議なもので自信がある状態だと、良いパフォーマンスを出しやすく、ネガティブでおどおどしているような状態だと、良いパフォーマンスが出しづらくなります。

自信が生まれることで、良いパフォーマンスが出しやすくなりまた結果を出す。そしてまた自信が付き、のびのびと自分の能力を発揮することができる。

もちろん、毎回結果を出せるわけではありませんし、立て続けによくない結果に終わってしまうことだってあるでしょう。それでもたまに出すことができる良い結果を、少しづづ自分のエネルギーに変えていくのです。

結果が自信をつくる。自信が良いパフォーマンスを引き出す。そしてまた結果が出る。この流れを循環させることができたら、すごく良い状態だと思います。

結果を出せていない時はつらい

当たり前なことなのかもしれませんが、結果が出ていない時はつらいです。

いつになったら、先が見えてくるのかわからないような暗闇の中を必死に走っているような感覚に陥るような時期もあるでしょう。

そんな時は、どうしていいのかわからなくなりますが、やれることは結果が出るまでどれだけ粘りづよく継続できるかどうかなのかなと思います。

精神論は好きではないですが、粘り強く続けることで、ときどき運も味方にしながら結果を出すことができるのです。

最後に

運良く結果がでることもありますが、それも実力のうち。

良い結果は、どんどんと自分の自信に変えていきましょう。良い結果が、また良い結果を生み出してくれるんだと思います。

それでは今回はこのへんで〜。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です