「自分に厳しく」と、「自己批判」を混同してはいけない。失敗した自分を許すことが第一歩。

Pocket

意志力を強くするためには、単純に自分対して厳しくすればいいと考える人が多くいるでしょう。確かに、自分にストイックになれる人は、成長するスピードがそうでない人と比べて段違いに早いですし、それに伴って意思力が強いイメージがあります。

しかし、一方で自分に厳しく、批判的であることが、意思力を高めないという記載が、『スタンフォードの自分を変える教室』にあります。本文を引用します。

 数々の研究でも明らかになっているとおり、自己批判はつねにモチベーションの低下や自己コントロールの低下を招きます。また、自己批判はうつ病の最大の予兆であり、うつ状態では「やる力」や「望む力」が失われれてしまいます。これに対して、自分への思いやりーー自分を励まし、自分にやさしくすることーーは、やる気の向上や自制心の強化につながります。

自分に厳しくあるということは、常に自己批判と隣り合わせの状況だと思います。こうあるべきという理想に向かって突き進んでいるので、その意思を邪魔しようとする弱い自分を否定する必要があるからです。

この記述を見て感じたのが、自分に厳しくする=自己批判をするという勘違いをしてはいけないということです。

ある失敗に対して、自己批判をするとどうなるか

失敗を犯したときに、自己批判をするとどうなるかについて、非常にわかりやすく『スタンフォードの自分を変える教室』に記載されているので、長文になりますが引用します。

 失敗したときの罪悪感を抱くよりも、自分を許すほうが責任感が増すのです。研究者たちの発表によれば、失敗したことについて、自分に思いやりをもって振り返った場合のほうが、自分を厳しく批判した場合よりも、失敗したのは自分のせいだったのだ、と認めやすくなります。また、そのほうが他人の意見やアドバイスに対しても進んで耳を貸せるようになり、失敗の経験から学ぶことも多くなるのです。
自分を許すことで失敗から立ち直れる理由のひとつは、自分を許すことによって恥の意識や苦しみに苛まれることなく、事実をありのままに見つめれるようになることです。どうにでもなれ効果は、失敗したあとに感じる嫌な気持ちから逃れようとする反応ですが、そもそも罪悪感や自己批判に悩まされなければ、逃げる必要もありません。そうすると、どうして失敗したかについて考えるのがずっとラクになり、同じ失敗を繰り返さないようになります。
それとは逆に、自分は何をやってもダメなどうしようもないやつだから失敗したんだ、などと思ったりすれば、自分のことをどんどん嫌いになるだけです。そうすると、失敗から学ぶどころか、自分の苦しみを和らげるだけで精一杯になっていまいます。ですから、自制心を発揮したいと望むなら、自己批判はかえって逆効果です。ストレスと同様に自分を追い詰め、近くのバーでうさ晴らしをしたり、VISAカードで買い物をしまくったりといった気晴らしに自分を走らせてしまうだけです。

間違いを犯したり失敗したその後に、どう対処するかのほう大事です。失敗を犯したときに、自己批判することによるメリットは一つもありません。失敗した自分を許すことが何よりも、先に進むためには大事なことなのでしょう。

自分に厳しくは良いことだけど、自己批判はダメ

僕が尊敬しているひとりに、植松努さんがいます。植松さんは、リサイクル用品に使う機会を作っている傍らで「ロケットの開発」をしています。

彼が以前に行ったTEDでのプレゼンテーションでは、「どうせむり」と自己批判することが、自分の自信と可能性を奪ってしまうとおっしゃっています。「どうせむり」は、行動する前から自分を否定してしまう恐ろしい言葉です。

この自己批判の言葉が世界中からなくなれは、世界が救われると植松さんは言います。

関連記事:【TED】足りない自分をマイナスに思う必要はなく、自信を持つことで、誰しもが世界を救うことができる。

自分に厳しくいられることは、いいことです。ただ、自己批判をするメリットは、どこにもありません。

植松さんが言うように、「どーせむり」のような自己批判の言葉を自分に投げかける必要は、どこにもないのだと思います。

最後に

自分に厳しくできることは能力だと思いますが、厳しくを自己批判と混同してはいけません。僕の経験上、自己批判をして良かったことは一度もありません。

失敗したときは、そんな自分を受け入れることが大事なのです。

それではまた!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です