イチローと宮沢賢治の言葉から考えるプロフェッショナルの条件「永久の未完成、これ完成である」

Pocket

宮沢賢治の『農民芸術概論綱要』にて、「永久の未完成、これ完成である」という言葉が出てきます。

この言葉は、さまざまな分野でプロフェッショナルとして活躍している人達の多くに当てはまるのではないかと思います。

今回は、野球界で偉大な記録を打ち立ててきたイチロー選手を取り上げながら、プロフェッショナルについて考えたいと思います。

名選手の飽くなき向上心

イチロー選手の説明は、もはやいらないと思いますが、個人的にすごいと思うエピソードを2つ紹介します。

野球選手に限らず、スポーツ選手はまさに身体が資本の仕事です。もちろん、イチロー選手は、自らの身体のメインテナンスを欠かしません。

機材などのトレーニングに加え、柔軟体操で身体がしなやかに動くためのケアを徹底しています。身体を仕事道具としてみれば、その手入れに全力を注いでいるのです。

仕事道具をしっかりとケアするということは、野球に限らずどんな仕事であっても大切なことであると思います。

もう1つのエピソードが、彼は打席に立った後に、必ず自分のプレーをビデオで確認しています。1打席ごとに、自分の感覚と実際に起こったことをすり合わせているのです。そして、その試行錯誤した膨大なデータが、イチロー選手の頭の中には入っているのです。

どんなに名選手と言われても、自分の仕事に奢ることなく、徹底して自分と野球に向き合っているのです。ある意味、この向上心があったからこそ、今のイチロー選手がいるのかもしれません。

永久の未完成、これ完成である

はたから見ると、イチロー選手は数々の記録を塗り替え、多くの人にとっては、「完成している」と思われているのかもしれません。

しかし、イチロー選手は常に向上心を持ち、仕事に完成した形があるとは決して考えてはいないでしょう。

イチロー選手は、まさに宮沢賢治が言っていた「永久の未完成、これ完成である」の精神を体現しているのではないかと思います。

最後に

プロフェッショナルといえば、NHKで放送している「プロフェッショナル仕事の流儀」があります。

僕もたくさんのプロフェッショナルの生き方をこの番組で見てきましたが、彼らのあり方に共通しているのが、現状にまったく満足せずに、常に向上心を持って取り組んでいるところではないかと思います。

僕自身も、現状に満足するような段階にもいませんですが、常に永遠の未完成、これ完成であるの言葉を肝に銘じながら、生きていきたいです。

それではまた!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です