『陰影礼賛』は、日本的な美の本質に迫るデザインの教科書である。

Pocket

1933年に初版が発行された、谷崎潤一郎著の『陰影礼賛』を読みました。

『陰影礼賛』は、僕たちが当たり前に使っている電灯がなかった時代における、日本の美の感覚や芸術的な感性について論じたものです。特に、表題が「陰影礼賛」であるように、まさに「陰影」(光の当たらない部分、かげ)を「礼賛」(すばらしいものとしてほめたたえること)している本です。

この本は、非常に勉強になる本であり、空間デザインなどに興味がある人にとっては必読の本だと思います。

日本人は、陰影に美を見出した

本書では、昔の人々が、陰影に対してどのようなアプローチをしたのかを西洋の文化と日本を対比させています。

西洋では、可能な限り陰影の部分を消していく方向でしたが、日本ではむしろ陰影を認め、その暗さを利用することで文化や芸術を作り上げました。陰影の扱い方が日本古来の美意識や美学の特徴だと、著者は主張しています。

例えば、本文にはこのような記述があります。

暗い部屋に住むコトを余儀なくされたわれわれの先祖は、いつしか陰影のうちに美を発見し、やがては美の目的に添うように陰影を利用するに至った。事実、日本の座敷の美は全く陰影の濃淡に依って生まれているので、それ以外に何にもない。

暮らしの中に当たり前のように陰影があったため、いかに陰影を活用して美しさを表現するかという考えになったのだと思います。また以下のような記述があります。

「東洋の神秘」とは、かくの如き暗がりが持つ不気味な静かさを指すのであろう。われらといえども少年の頃は、日の目の届かぬ茶の間や書院の床の間の奥を視つめると、云い知れぬ怖れと寒けを覚えたものである。しかもその神秘の鍵は何処にあるのか。種明かしをすれば、畢竟(ひっきょう)それは陰影の魔法であって、もし隅々に作られている影を追い除けてしまったら、忽焉(こつえん)としてその床の間はただの空白に帰するのである。

東洋の神秘と言われたものは、つまるところ陰影によるものであり、陰影を消してしまえば、その神秘は消えてしまうということなのでしょう。

京都の寺院を例に挙げてみると、苔が一面にむしている庭や、建物内の薄暗い廊下をイメージできます。なんとなく暗くジメジメとしているような印象の中に、格調高い美しさを感じます。そういった意味では、確かに昔の日本人は陰影を大切にしていたことが、実感として感じます。

お歯黒は、陰影の美しさ関係している

誰しも疑問に思ったことであろう昔の人々の習慣に、「お歯黒」があります。文字通り、歯を黒く塗ることですが、なぜそれが昔の女性にとっては美であったかが、本書を読んで理解することができます。

本文を引用します

鎌倉時代の町家の娘や女房のものなどは驚くほど地味であるが、それは要するに、衣装というものは闇の一部分、闇と顔のつながりに過ぎなかったからである。お歯黒などと云う化粧法が行われたのも、その目的を考えると、顔以外の空隙(くうげき)へ悉く闇を詰めてしまおうとして、口腔(こうくう)へまで暗黒を啣(ふく)ませたのではないであろうか。

歯を黒く塗りつぶすことで、顔を白く浮きだたせていたのです。陰影を利用した美的感覚が、歯を黒く塗るという行為につながったのだと思います。昔の女性が眉毛を剃り落していたのも、顔を際立たせるための手段ではなかったかと、同様に筆者は主張しています。

陰影と美しさは、古人にとって切っても切り離せない関係だったのでしょう。

最後に

本書を読むことで、陰影を利用するという視点を持てるようになります。空間デザインなどを注意深く見てみると、まさに陰影を活用できる事例がたくさん挙げられます。

また、ウルシを塗った漆器の美しさは、ぼんやりした薄明かりの中でこそ、初めてほんとうに発揮させるものだったように、陰影を利用することで、モノの美しさを引き出すこともできるのです。

古人の美的感覚を改めて考えることは、非常に大切なことだと感じました。本書を読むことで、日本的な美の本質的なところに触れることができるので、まさにこの本はデザインの教科書と言ってもいいのではと思います。興味のある方はぜひ一度、読んでみてください。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です