信念や哲学を持ったものづくりでないと、それはただの量産品になる。

Pocket

ものづくりといっても、さまざまなものづくりの形があります。

低価格で、大量にものをつくるのであれば、機械に頼ったものづくりになります。いわゆる量産品ですが、これがものづくり産業の大部分を占めています。

一方で、価格は高いし、数をつくれないものづくりもあります。それは、人の手作業が大半をしめるものづくりです。

価格と生産量で機械に勝てない、後者のものづくりの利点はなにか。それは以前にも書きましたが、非効率の価値がひとつあると考えています。

参照:人の手がかかるものづくりには非効率の価値があるから、その他の作業をできるだけ効率化するべき。

非効率だからこそ、ものづくりにかけるこだわりや想いを消費者に届けやすくなります。ただ、人の手がかかるものづくりだからといって、そこに信念や哲学がないと、ただの量産品と同じになってしまうと思うのです。

ものづくりに哲学や信念を

量産品であっても、その商品を届けるために信念や哲学がある場合もあります。それすなわち、ブランドコンセプトとかいうやつだったりします。

届けたい信念や哲学が、一部の人々からでも共感を集めることができれば、圧倒的な強みを持つことができます。

ただ、量産品の大半は、なんとなく消費者に消費されていきます。そこに思い入れや愛着を持つことはほとんどないでしょう。

人の手がかかるものづくりの場合は、どうでしょうか。手間をかけてものづくりをしているのに、そこに信念や哲学がないと、消費者に商品の良さがうまく伝わっていきません。

愛着や思い入れももってもらえず、ただ消費されていくのです。それは、量産品を消費されているのと同じですよね。

せっかく人の手で作っているのであるから、しっかりと信念や哲学を伝える努力が必要だと思います。

手仕事に、人々からの共感を集める信念や哲学が加わると、量産品には出せない圧倒的な強みがうまれてくるのではないでしょうか。

ものづくりに信念と哲学を。

それでは今回はこのへんで〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です