農的暮らしを設計する上での、パーマカルチャーという考え方と視点

Pocket

パーマカルチャーという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

パーマカルチャー(Permaculture)は1970年代に、オーストラリア南部のタスマニア島で暮らしていたデビッド・ホルムグレンとビル・モリソンが作った造語で、人間にとって恒久的持続可能な環境を作りだすためのデザイン体系のことを意味します。

パーマカルチャーという語そのものは、パーマネント(parmanent 永久の)とアグリカルチャー(agriculture 農業)を約したものですが、同時にパーマネントとカルチャーの縮約したものでもあります。文化(culture)というものは、永続(parmanent)可能な農業と倫理的な土地利用という基盤なしには長く続きえないものだからです。

このパーマカルチャーという視点は、特に田舎で農的な生活をする人にとってはとても参考になることが多いと思うので紹介したいと思います。

自然、生き物、人工物などの各要素間にどのような関係を作り出せるか

パーマカルチャーには、植物、動物、建物および水、エネルギー、コミュニケーションなどの生活基盤などを主に扱います。しかし、パーマカルチャーは単にそれらの要素そのものだけに関わるものではありません。

むしろ、それらの要素をその場所の中にどのように配置するかによって、各要素間にどのような関係を作り出せるかを扱うのです。

狙いとしては、生き物と環境の間の相互作用を扱う学問分野である「生態学」的健全で、経済的にも成り立つ一つのシステムを作りだすことです。

それぞれの要素にとっての必要がそこで満たされると同時に、互いに搾取したり汚染したりすることのない仕組みであり、長期にわたって持続可能なシステムの構築と言えます。

自然の中で見られる以上に、人や動物の食物を生産できるシステムをデザインする

パーマカルチャーは、通常自然の中で見られる以上に多くの、人や動物の食物を生産しうるシステムをデザイン、設計します。

ただ、自然と協調しながらその目的を達成するための努力をするのです。自然に逆らうのではなく、自然に従うという理念が、パーマカルチャーの基盤をなしているのです。

自然のシステムの観察と、昔からの農業のやり方の中に含まれている智恵、そして現代の化学的・技術的知識を結集して、パーマカルチャーは「耕された」生態系を作りだすことを目指します。

自然との調和

パーマカルチャーの基本理念は、長期にわたり無思慮な労働ではなく、長期にわたってしっかりと周囲を観察をするのです。

動物、植物など一つ一つの構成要素を単一の生産システムとしてみるのではなく、それらが持っている機能すべてを捉えていくのです。要は、太陽、風、人々、建物、石、海、小鳥や植物など生きる世界を包んでいるすべてとの調和を目指すのです。

パーマカルチャーという視点を持っているだけでも、自分の暮らしを周囲の自然と共にどう設計していくかを考える際にも参考になるものだと思います。

さいごに

パーマカルチャーという視点を持つことは、どのように世界のとらえることなのかという概要を説明しました。

パーマカルチャーの核心は、物と物のあいだの関連をどのように設計し、自分の周りの世界の構成要素を効率よく機能させていくことができるかです。そしてその前提には、すべての構成要素と調和し、持続性のある暮らしを作っていくということが理念があります。

パーマカルチャーという視点を持ち、どのように暮らしを設計していけばよいのかという具体的なことが気になる方がいれば、ぜひご自分でパーマカルチャーについて調べていただければと思います。

参考文献:『パーマカルチャー農的暮らしの永久デザイン』

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です