「えいやっ!」と勢いよく前に踏み出す勇気を持つことの大切さ。

Pocket

用心の上にさらに用心を重ねて物事を行うこと意味して、「石橋を叩いて渡る」ということわざがあります。慎重に行動することは、状況に応じて非常に重要な選択だと思います。

ただ、割と世の中の人たちは、勢いよく実行して失敗するというよりも、石橋を叩いていたけど結局渡らなかったり、石橋の叩きすぎで橋を壊してしまうといった失敗をするほうが多いのではないかと思います。

決断することは何かを決めることですが、ある選択肢の中から一つに絞ると言ってもいいと思います。進学、就職、転職、結婚などとても大きな決断をしなくてはならない時も、自分が進む道を絞ります。

僕たちは、常に何かしらの決断をしながら生きているのです。

決断してみないと、わからないことがたくさんある

決断しないとわからないことが、たくさんあると思います。

例えば、就職活動を考えてみると、どんなに仕事に関するリサーチを事前にしても、その仕事を通じて働きがいや自分らしさを感じられるかどうかは、実際やってみないとわかりません。

わりと多くの就活生が、事前に調べた情報のみで判断して決断しているが故に、自分に適性のある仕事を見逃すことがあるのでしょう。そのため、インターンの機会などを探し、出来るかぎり自分で仕事を経験し、それを踏まえた上で決断することが大事だと思います。

何をやりたいかがわからなくても、仕事をしながら学んだりしているうちに、自分のキャリアの方向性が少しずつわかってくるのでしょう。

自分の感性を信じて、「えいやっ!」と前に踏み出す

大きな決断を前にして、悩むという経験は誰しもあると思います。そして決断を迫られる状況に置かれて、足踏みすることもあるでしょう。

そんな時に、大事なのは腹をくくって、自分の感覚を信じて「えいやっ!」一歩前に進むことだと思います。

論理ではなく、自分の感覚的にイケてると思えることを信じて進んで行動していけば、道が拓けてくると僕は信じています。

さいごに

僕自身、決断出来ずに後悔した経験が何回もあります。その時は、自分の感覚を信じて一歩前に踏み出すことができませんでした。

やってみないと分からないことがあるということを自覚し、ある種の吹っ切れたように「えいやっ!」と決断する度量を持てるように、毎日積み重ねながら努力していきたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です