早朝タージマハル観光をおすすめする3つの理由。

Pocket

IMG_5747世界一美しいと言われるムガル建築の最高傑作で世界遺産には1983年に登録されたタージ・マハル。

インドを旅する人なら誰でも訪れたい候補にいれる場所だと思います。

今回は、タージ・マハルを見るおすすめのタイミングを私の経験談を踏まえながら紹介します。

タージマハルを見るタイミングは早朝がおすすめ。

タージマハルを見るのにおすすめの時間が早朝です。理由は3つあります。

まず、人が比較的少ないということです。タージマハルは有名な観光地だけあって、昼間などはもちろんたくさんの観光客が来ます。混雑していてるのが煩わしく、ゆっくりと見たい方はぜひ早朝を狙って行ってみてください。

また、晴れている日であれば、朝焼けと共に映るタージマハルを見ることができます。庭園の水にタージマハルが反射する写真を見たことがある方は多くいると思いますが、僕自身、この景色を見るためだけにインドへ行く価値があると感じるほど、神秘的でありそのスケールの大きさに圧倒されました。

そして、インドは常に熱いイメージがありますが、さすがに早朝は涼しいので、快適に観光することができます。ただ、やはり昼間になるとインドだけあってとても暑くなります。そのため、長時間滞在しようと思っている方は特に早朝から行くのをおすすめします。

上記の三点を踏まえ、実際に僕がタージマハルを訪れたときの経験談をお話ししたいと思います。

実際にタージマハルに行ったときの話

かなり重要な点なのですが、タージマハルの開園時間は、朝日が上り、日が沈むまでと具体的に時間が決まっているわけではありません。

そのため、僕はまだ周りが薄暗いうちにゲストハウスから、タージマハルに向かって歩き始めました。※余談ですが、私が泊まっていたのは、地球の歩き方にも載っているタージゲストハウスという宿です。格安で泊まれますが、部屋によっては環境が悪いです。私の部屋は窓なしでファンの調整が利かなかったために、それが体調を崩す要因にもなりました。

チケット売り場で入場料5ドル(または750Rs)を支払い、入場ゲートで開園まで並んで待ちました。ちなみに並ぶ際は、男女別、現地の人、海外旅行者の4列に分かれます。

IMG_5729_2 IMG_5730

結構適当?な持ち物チェックを終え赤い門をくぐったそこに待っていたのは、朝焼けとともに光り輝いているタージマハルでした。死ぬまでに見たい景色の一つを見ることが出来て感動しました。

結局早朝から、昼の12時くらいまで滞在しました。ベンチが多くあるのでゆっくりと休憩しながら観光することができます。タージ・マハルの裏を流れるヤムナー川の景色も壮大です。

IMG_0097IMG_5770_2

銃を構えた警備員が待機していましたがなぜでしょうかね…?
ヤムナー川にはよく不審人物が現れるのでしょうか。笑

シャッターポイントを勝手に教え始めるインド人に注意

私は、カメラが好きなこともあり、色々な角度からタージマハルを撮影していました。

すると、一人のおっさんが、勝手に自分のお気に入りのシャッターポイントを教え始めました。なかなか良いポイントを教えてくれるので、何の疑問も持たず、彼の言葉を聞きました
※彼が出没する場所は、タージマハル横のモスク付近です。

一通り撮影したのでお礼を言って離れようとしたら、おっさんが手をひょいっと前に出し、金を要求し始めた。

ああ、騙されたと思い少し残念に思いましたが、良いポイントを教えてくれたので少しだけお金をあげました。この場合、私は気持ち程度あげましたが、自分が要求していないので実際はお金を払う必要はありません。

インドを旅行中、特に観光地で勝手に親切をしはじめるインド人がいたら、まず疑った方がいいです。私は彼から、インド人の親切には大抵の場合、裏があるということを学びました。

IMG_0166

さいごに

上記に示した3つの理由から、私はタージマハル早朝観光をおすすめします。

個人的には、夕方に訪れるのも最高に良いと思うので、余裕があれば、朝と夕の2回に分けて訪れてみてください。

ゆっくりと流れるヤムナー川を背景のに立つ彫刻美の前にしたときの感動は今でも忘れられません。タージマハルとともに過ごす時間は、悠久の歴史を感じられるときだと思います。

タージマハルのあるアグラはそこまで治安がいいと感じなかったので、もし行かれる方がいれば、安全に気をつけて楽しんできてください。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です