「サイトは審査不能」という理由でGoogle AdSenseの二次審査に落ちたときの対応。

Pocket

最初のブログを運営しているときに、「サイトは審査不能」という理由でgoogle adsenseの審査に落ちたので、そのときのことをシェアしたいと思います。

サイトは審査不能という理由で二次審査に落ちた

当初、Google AdSenseの申請は当たり前に通るものだと思っていました。

一次審査は一発で(合否メールは来ないが、広告が貼れるようになっていたので)通りました。

しかし、二次審査において不合格のメールが届きました。

本文は以下の通りです。

サイトは審査不能: (私のサイトURL)を審査する際に、サイトがダウンしているか、表示できない状態でした。YouTube や Blogger などの AdSense ホスト パートナーからお申し込みいただいた場合、審査の時点でホストされたサイトが利用できないか、見つからない(削除された)状態でした。

つまり、審査の過程において、なぜか分かりませんが私のサイトが見れなかったという訳です。

上記の(私のサイトURL)に飛んでみますと、なぜか記事のプレビュー画面が表示されるようになっていました。(実際には真っ白で何も見えません)

理由がまったく分からなかったので調べてみたところ、同じように審査に通らなかった方が多くおり、改善策としては、審査中はプレビュー機能を使わないほうが良いとのことなので、それを実践してみました。


審査二回目で合格

二回目の審査中、私がやったことは下記の2点です。

①プレビュー機能を一切使わない

②継続して記事を投稿し続ける(一日最低一記事)

これで通りました。(2015年11月29日)

件名に【Google AdSense アカウントの有効化が完了いたしました】とだけ書いてあるシンプルな合格メールが届きほっとひと安心です。

さいごに

結局なぜ、プレビューが表示されてしまったのか分かりませんでしたが、プレビューを審査中は見ない方法でなんとか二回目の審査は大丈夫だったみたいです。

ちなみに他の方がやっているような、画像を貼らない、動画リンクを貼らないなどの対策は一切していません。画像もたくさん使っていましたし、youtubeの動画リンクも貼っていました。間違った使い方をしていなければ、大丈夫なのではないでしょうか?

私と同じように【サイトは審査不能】で落ちてしまった方の参考になれば嬉しいです。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です