シンプルで本質をつく言葉が良いキャッチコピーとなる。大好きなことを 収益に。

Pocket

電車に乗ると、車内広告に目が行くと思います。普段、意識しないとその広告に書いてあるキャッチコピーついてどのような意図で作られたのかなどど深く考えることはないでしょう。

僕は、広告のコピーを見るときは、そこに込められた意味や意図について考えます。素敵なコピーだと思うものもあれば、これって広告を見る人の立場に立って考えられているコピーなのかと疑問を感じてしまうようなものもあります。

意識してみると身の回りにたくさん溢れているコピーですが、google adsenseのサイトページのトップにあったコピーが良いなと思ったので、今回はそのことについて書きたいと思います。

大好きなことを 収益に。

google adsenseとは、自分のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスのことです。

僕も、自分がブログを始めるまではまったく知らなかったように、webサイトの運営などに一切関わったことがない人にはあまり馴染みがないものでしょう。一方で、自分でwebサイトを運営し、お金を稼いでいる人にとっては、google adsenseは本当に大切なサービスです。

そんなgoogle adsenseのサイトのトップページには素敵なコピーが載っています。それが、「大好きなことを 収益に。」です。

たった10文字の言葉の力

「大好きなことを、収益に。」はたった10文字の言葉ですが、それだけでgoogle adsenseの提供するサービスによって成し遂げたいことの思いが感じられるような気がします。

シンプルで本質をつく言葉が、良いコピーとなるのでしょう。

ちなみにトップページのコピーのとなりにある動画も、「大好きなことを 収益に。」がきちんと表現されている素敵な動画となっています。

引用:Google adsense

動画内の言葉を一部引用します。

Adsenseのおかげで、誰かを手助けすることができます。したいことを自由に実現できる世界。これ以上のものはありません。

Adsense give me a chance to do something good for the others. it’s give me a freedom to do what i want. you completed.

「Adsense give me a chance to do something good for the others(アドセンスは誰かのために良いことができるチャンスを私にくれる」の部分がいいですね。Appleをはじめ、アメリカの企業はやはり魅せるのがうまいと感じてしまいます。

さいごに

今回は、google adsenseのコピーについて取り上げてみました。

言葉には力があり、ほんの短いコピーだけで人を魅了し、動かすことができます。

普段、何気なく読み流してしまうコピーも、そこに込められた意図などに注目してみると、かなりおもしろい発見があるのではないかと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です