「いい時間」を過ごすだけでなく、つくれる人になるということ。

Pocket

糸井重里さんが毎日書く「今日のダーリン」

アーカイブには残らないので、心に響いた回は、メモに残すようにしているのですが、2018年10月16日の記事もそんな記録に残したいものでした。

引用:1101.com

おいしいものを食べている。
いつまででも食べていたいとさえ思っている。
これは「いい時間」だ。

しかたなくエサのようになにか食べている。
こんなものを食べていていいのかとさえ思っている。
これは「いい時間」じゃない。

映画を観ている。
おもしろいなぁ、と、こころが動く。
あとで、観てよかったなぁと思う。
これは「いい時間」だった。

いやだなぁと思う人々と、がまんして会話をしている。
早く終わらないものか、つらくてしょうがない。
これはもちろん「いい時間」とは言えない。

高いケーキをおごってもらった。
おごってくれた人が、ずっといかに高いかを語っている。
ケーキはおいしいのだけれど、恩着せがましいなぁ。
これも「いい時間」とは言いがたいだろうな。
本を読み終えて、「いい時間」だったと思うこともある。
本を読んで「いい時間」じゃなかったと思うこともある。
値段だとか、一般的な価値だとかと関係なく、
それをしていた時間を、「よかったな」と感じていたら、
それが「いい時間」というものなんだと思う。
失恋の体験だって、最悪だったと思っていたはずなのに、
いつか「いい時間」にカウントされるかもしれない。
犬のウンコを拾っているときだって、
それはたいてい「いい時間」であることが多い。
赤ん坊のおむつを替えているのも、「いい時間」だろう。
人に親切にする、いわゆる損得で言えば損なことでも、
相手のお役に立ったようなら、「いい時間」になる。
人の親切をありがたく感じる、むろん「いい時間」だ。

生きて、いつか死ぬのが人間のあたりまえだ。
「いい時間」があったなぁと思えるならば、
それはきっと「いい人生」だったということだろう。
幸福というのは、「いい時間」を過ごすことではないか。
「いい時間」をもたらすものを、人はもとめている。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。
「ほぼ日」がやりたいのは「いい時間」をつくることかも。

自分にとってのいい時間を増やす

自分にとってのいい時間がたくさん増えれば、いいですよね。

個人的には、いい人と出会った時、気の合う人と一緒にいる時、知的好奇心が刺激された時、知らないことを知った時など、いい時間だなと感じます。

そんな時間を意識的に日常に増やしていけたら、よりよく生きていけるのではないでしょうか。

糸井さんは、「「ほぼ日」がやりたいのは「いい時間」をつくることかも」という言葉で締めくくっていますが、僕も「いい時間」をつくりだせるような人でありたい。

そのために、今なにをやるべきなのかを自覚的になって、日々淡々とやっていきたいですね。

Pocket

スポンサーリンク