納期とノルマをなくしたい。

Pocket

納期とノルマをなくしたい。

会社からノルマが設定されている雇われサラリーマンであれば、ノルマから逃れるというのはむずかしい。自らがルールや約束事を決定できる立場であれば、ノルマをなくすこともできるでしょう。

ノルマは社内の約束ごとですが、一方で納期というものはたいへんやっかいなものです。

納期は、社外の、たいていはお客様と呼ばれる人との間の約束事です。「商品をまとめて買うので、この期日までに納品してください」というような外部とのやりとりは、どの業界においてもありふれているものでしょう。

納期を守ることができないのは、お客様との約束を破るということであり、それが重大なことであれば一度で信頼を失ってしまうことだってあります。

この納期に悩まされることが、働いていると非常に多い。もちろん、業種にもよるでしょうが、日々が納期と戦っているような人もたくさんいるでしょう。

納期という言葉を聞くことも嫌になってくるような、そんな時期も時にはあります。

幸い僕が働いている職場は、ノルマというものに縛られるようなところではないのですが、納期に加えてノルマも抱えているというような人には、ひどく同情してしまいます。

この世からノルマと納期がなくなったら

さて、ノルマと納期がもしこの世からなくなったら、どんなことが起こるでしょうか。

ノルマと納期という「恐怖」に怯えることがなくなれば、人はもっとイキイキと仕事をできるのではないかと思っています。心配ごとや不安が少なくなれば、仕事の効率があがり、生産性の向上につながったりするかもしれません。

もっとも、納期やノルマに追われることがなければ、もっともっと仕事を楽しむことができる人がいると思います。

人生の大部分を仕事が占めるのであれば、仕事が楽しくないとしんどいです。

納期に追われる状況をいかになくすか

ノルマをなくしたのであれば、自分がなくせる立場になればそれで解決します。納期はお客さんとの約束事であり、なくすことは難しいので、「納期に追われる状況」をなくすという選択がよりベターだと思います。

ひとつアクシデントがあると、もう納期ギリギリになってしまったり、そもそも相手からの無理があるような納期設定をされたりと、「納期に追われる状況」を作り出してしまう原因はたくさんあります。

ゆとりのある納期を設定するためには、顧客との信頼関係が必要ですし、納期が遅くなってしまう理由をしっかりと丁寧に説明しなくてはいけないと思いません。

最後に

納期やノルマに追われない環境をつくるという事例は、これからの働き方としてどんどんと出てくるような気がします。

理想論かもしれませんが、僕自身、納期やノルマという言葉が存在しない組織やチームをつくりたいと考えています。

それでは今回はこのへんで〜。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です