ものづくりには豊かさがある。

Pocket

ものづくりには豊かさがある。

ものづくりの良さを一言で伝えようとするならば、今時点ではこのように答えます。

「ものづくり」といっても、手に乗っかる小物から大きな車まで幅広いので、ここで言うものづくりとは、自分の手を動かし、なにもなかった0の状態から1を作れる範囲のものを想定しています。

では、ものづくりの「豊かさ」とはなにか。

豊かさという言葉は、抽象的であり、解釈は人それぞれです。僕がものづくりから感じる豊かさは、下記のようなイメージです。

人がよりよく生きていくためには、小さくてもいいからなにかしらの成功体験を得ることが、心身ともにいいと思っています。ものづくりは、そんな成功体験を得るためには、格好の手段です。

たとえうまくいかなくても、自分の手を動かして、何かをつくりだす喜びのようなものを感じることができます。

なにかをつくりだすことで、人は心地よさをだったり、楽しさだったり、喜びだったりを感じられる。ものづくりをしていると、気持ちがいいです。

それを表現するのには、「豊かさ」という言葉が現時点ではぴったりなのではないかと感じます。

実体の見えないネット空間とつながり続ける現代の私たちは、今後、より実体が確認できる「確かなもの」とのつながりを重要視していくのでしょうか。

ものづくりと豊かさについては、今後も少しづつ自分が感じていることを言語化していきたいです。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です