一週間で変われない人は、一生変われない。

Pocket

僕自身にも自戒の念を込めて文章にしておきますが、勉強やビジネスなど、何をするにしても「一週間で変われない人」は、その先ずっと変われないのかもしれません。

変わると表現していますが、進歩と言い換えてもいいでしょう。 一週間で、少しも進歩できない人は、一生進歩できないかもしれません。

一方で人は、一週間もあれば劇的に変わることだってできるのだと思います。

意思がないと人は変われない

もちろんこの文章は、精神的に調子が悪かったり、病気を抱えている人に向けて書いていません。ハンデを抱えている人に対して、一週間で変われないとだめという人は、色々とやばい人です。

心身ともに健康である人が、何か物事を取り組む際には、一週間もあれば何かしらの進歩があると思います。それは、目で見えない進歩であってもいいです。

でも、一週間あって何も進捗もなく変われてない人は、その先ずっと変われないと思います。なぜなら、意思に行動が伴えば、何かしらの変化が生まれるのですから。

塾の講師をしたことがある人はわかると思いますが、勉強をなかなかしない子が必ず現れます。もちろん、先生として指導はしますが、結局は彼に意思が生まれなければその先勉強面において変わることができないのでしょう。

人は、一週間で劇的に変わることができる

ロミオとジュリエットというシェイクスピアによる有名な戯曲があります。

一度は聞いたことがある話だと思いますが簡単に説明すると、恋に落ちたロミオとジュリエットとでしたが、ロミオは追放、ジュリエットとはロミオではない人と結婚を命じられます。その状況をどうにか打開させるために、修道士とともにジュリエットは仮死になる薬によって死んだと思わせて、目覚めた時に迎えに来たロミオと二人駆け落ちする作戦にでます。

ところがロミオはその作戦を知らず、ほんとうにジュリエットが死んでしまったと勘違いし、毒薬を飲んで死んでしまいます。目覚めて彼の死を知ったジュリエットも、後押し自殺をしてしまうという恋愛悲劇です。参照:ロミオとジュリエット

本題は、彼らが舞踏会で出会ってから恋に落ちてから自殺するまでどれくらいの期間があったかということです。 実は、ロミオとジュリエットは出会ってから4日後には、互いに自殺をしているのです。

明日出会った異性と恋に落ち、4日後には互いを思い合い自殺を図るという劇的なストーリーを想像できますか?

これはあくまで作り話ですが、人は、一週間も経たないうちに劇的に人生が変わる可能性があるし、自分の人生を変えられることができるのだと思います。

さいごに

一週間で変われない人は、一生変われないのかもしれないという話をしました。

企業においても同じだと思います。成長する企業は、一週間でも大きく変わることができるのだと思います。逆に成長しない企業は一ヶ月しても変わらないのでしょう。

いわゆるベンチャー企業のような成長企業は、毎週変わっていくくらいのスピードで変化していかなくてはいけないのだと思います。 特にゼロから1に持っていくまでの立ち上げ期には、毎週変化を生み出していき、その変化に対して対応していかなくてはいけないのだと思います。それくらいのスピード感でないと、ビジネスで大きく成功することが難しいのではないかと思います。

ロミオとジュリエットの話も出しましたが、結局は、変わる意思があるかどうかなのだと思います。そういった意味では、一週間で変われない人は、一生変われないのでしょうし、信じて行動すれば、本当に一週間で劇的に人生を変えることもできるのだと思います。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です