」カテゴリーアーカイブ

途上国の旅がおもしろいのは、生々しい人間の営みを感じられるところ。

世界中どの国を旅しても、その土地ならではの文化や風土があります。

ただ、それらの見え方がいわゆる経済的から先進国と途上国と呼ばれる国々の間では、大きな違いがあると感じます。

発展途上国では、いい意味でも悪い意味でも、露出している文化や風土のなかで、イキイキと生きる人々の営みが感じられるのです。 続きを読む

【秩父】三峯神社に行くなら、三峰山表参道からの登山がおすすめ。数々の「講」の石碑から、山岳信仰の対象としての歴史ある三峰山を感じるハイキングコース。

2016年に、ユネスコの文化遺産に「秩父祭の屋台行事と神楽」が登録されたことによって注目を集めている埼玉県秩父市。

近年、女優の吉高由里子さんや芸人の又吉直樹さんが出演している西武鉄道のプロモーション効果も相まってか、多くの人々が観光に訪れています。

関東有数のパワースポットとも言われる三峯神社も、人気のスポットのひとつです。今回、三峰山中にある三峯神社に向かって、二時間ほどで登山ができるコースがあるので、休みを利用し行ってきました。 続きを読む

おすすめしたいバラナシでの贅沢な過ごし方。チャイ屋とチャイ屋をハシゴしながら、ただガンジス川を眺める。

インド旅で印象に残っているのが、やはりヒンドゥー教の聖地バラナシで過ごした数日間です。バラナシにはガンジス川で沐浴をするために、全国各地からヒンドゥー教徒が集まってきます。

ヒンドゥー教の信仰によると、ガンジス川で沐浴をすると、すべての罪は清められるといます。さらにこの地で息絶え、遺灰が川に流されると輪廻(りんね)からの解脱できるといわれているそうです。

ガンジス川の辺りにいるだけで、自分が何千年の歴史の中でポツッと生きているちっぽけな存在なんだと実感します。そんなバラナシでの贅沢な過ごし方について、紹介したいと思います。 続きを読む

佐世保駅から、バスで日本本土最西端の地である神崎鼻公園へのアクセスの仕方。

日本の本土にある最西端の地がどこにあるかご存知でしょうか。

離島をふくめた場合、沖縄県の与那国島が日本最西端の地ですが、日本本土の最西端で見ると、長崎県佐世保市にある神崎鼻公園がその場所です。

以前、佐世保駅前からバスに乗って、神崎鼻公園にいくことがあったのでそのアクセス方法について、紹介したいと思います。 続きを読む

明治神宮御苑における花菖蒲の見頃。

明治神宮御苑で、5月下旬から6月下旬まで見頃の花菖蒲(はなしょうぶ)を見に行ってきました。

明治神宮の本堂へ向かう道の途中に、明治神宮御苑への入り口は2カ所で500円支払い入園することができます。

広さが約8,3000m2と広大な土地に、お茶会が行われる隔雲亭(かくうんてい)や、江戸名井の一つにも挙げられた井戸である清正井(きよまさのいど)などがあります。

この神宮御苑で楽しめるものはなんといっても、季節ごとさまざまな顔をみせる草花にあるのではないでしょうか。 続きを読む

インド・ジャイサルメールのキャメルサファリで迷子になった話。

IMG_6127

インドはパキスタンの国境近くの街、ジャイサルメール。
そこは砂漠地帯に囲まれており、建物の多くが黄色の砂岩でできているため、日が沈む頃、街全体が金色の輝きを放ちます。

多くの観光客を綺麗な魅了する街ですが、砂漠をラクダ(キャメル)に乗って散策するキャメル・サファリでも有名です。

私もせっかくジャイサルメールに来たので、キャメルサファリに挑戦してみました。しかし、まさか暗闇の中インドの砂漠を彷徨うことになろうとは思いもしませんでした。 続きを読む

旅先は調べすぎない方がおもしろい。未知を旅するワクワク感を大切にする。

IMG_3029

旅行を計画する際に、あらかじめ情報を集めるという方も思いますが、どこまで丁寧に下調べを行っていますか?インターネットを使えば、いろんな情報が手に入り、事前に行きたい土地の動画や写真なども見ることができます。

計画的に効率的に巡る旅行スタイルも良いですが、僕が好きなのはぶっつけ本番の旅行スタイルです。

僕は、現地までのアクセスの仕方と、大方の行き先を簡単に調べてるだけで、特に詳しい現地の情報などは事前に必要としません。むしろ、事前にその場所の様子が詳しくわかってしまったら、もう行かなくてもいいかなとさえ思ってしまうこともあります。 続きを読む

デリーからインドに入国する方必見!ニューデリー駅外国人専用チケットオフィスへの行き方

列車でインドを旅する時には、その都度チケットの購入が必要です。宿のフロントにてチケットの予約をやってもらうのが楽ですが、もちろん駅構内のチケットオフィスでも購入することができます。

ただ、駅のチケットオフィスを探すのに苦労する場合があります。ニューデリー駅もその中の一つです。※観光地や都市部の駅には大抵、外国人用のチケット窓口がありますが、ローカルなところは現地の人と同じ窓口で買うことになります。

デリーから入国した旅行者にとって最初の関門が、ニューデリー駅の外国人専用チケットオフィスを探すことだと思います。その関門を迷うことなく突破できるように、ニューデリー駅の外国人専用チケットへの行き方を紹介したいと思います。 続きを読む

バラナシから、仏教四大聖地のひとつサールナートへ行く。オートリキシャで約40分。

ヒンドゥー教の聖地バラナシから北東約10キロ離れたところに、仏教四大聖地のひとつサールナートがあります。そこはお釈迦様(ブッダ)が初めて弟子に向かって説法をした場所(初転法輪の地)として知られており、古くから沢山の人達がこの聖地を巡礼しています。

バナラシで同じゲストハウスに泊まっていたイタリア人の旅人に、オートリキシャをシェアして一緒に行かないかと誘われたので行ってきました。 続きを読む

インド旅のスタイル。インド人の波にのまれながらも、試行錯誤ながら旅をする。

僕はインドを一ヶ月ほど旅していましたが、その間に日本人観光客にも会います。出会う人々はインドを旅しているだけあって、なにかしらの自分らしさを持った素敵な方々が多いなあと感じていました。

旅の目的や、滞在期間、旅行スタイルなどは人それぞれですが、ものすごくもったいない旅の仕方をしていると印象を持った日本人旅行者がいたので紹介します。 続きを読む