書評」カテゴリーアーカイブ

知的な文章は、難しい言葉や表現が少ない。

文章は、できるかぎりむずかしくない言葉をつかって、わかりやすく端的に表現されていたほうがいい。

以前に、本ブログでもシンプルに文章を表現することについて書いていましたが、わかりやすい文章を書く人をひとり挙げるとしたら、すぐに糸井重里さんが思い浮かびます。

関連記事:シンプルで、余分な贅肉が付いてないシュッとした文章が良い。

続きを読む

過去に経験した痛みを未来に活すことで、その痛みが人生にとってかけがえのないものになる。安田祐輔さん著『暗闇でも走る』

何度でもやり直すことのできる社会をつくる。

ひきこもりや不登校など、なにかしらの課題を抱えた人々を主な対象に学習支援を行なっている個別指導塾「キズキ共育塾」を経営する安田祐輔さんは自身の著書、『暗闇でも走る』のなかで、こう語ります。

本書を読んで、共感した事、印象に残ったことはたくさんあります。 続きを読む

人生に悩んだら、岡本太郎を読むべし。『自分の中に毒を持て』

著名な芸術家であった岡本太郎さんが亡くなってから、約20年の時が流れました。

僕が、岡本太郎という名前を聞いて思い浮かべることと言えば、いわゆる「芸術は爆発だ!」という言葉や日本万国の会場に制作された「太陽の塔」くらいです。

彼の著書はこれまで読んだことがなかったのですが、今回、『自分の中に毒を持て』を読んでました。

正直、この本を読み終わったあと、思いっきり本書をどこかに投げ捨てたくなりました。内容がダメだからとかではなく、彼が綴った言葉に終始圧倒され、うずうずするような高揚感を覚えたからです。

内容を取り上げようかと思っていたのですが、僕が感想を述べる必要がないと感じました。というのは、岡本太郎さんの言葉は、他人のフィルターを通して感じるものではないと判断したからです。

まだ読んだことがないという人は、ぜひ一度、騙されたと思って手にとってほしいと思います。

人生において大切だと思えるエッセンスが、たくさん詰まっています。

言葉が人を動かし、そして世界を変えた。『ソロー語録』

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー(Henry David Thoreau、1817〜1862)は、アメリカ・マサチューセッツ州出身の作家であり、思想家、詩人、博物学者など多彩な顔を持っていました。

代表的な作品である『森の生活』をはじめ、人間と自然との関係をテーマにした作品を数多く生み出し、ガンディーやキング牧師、ネルソンダンデラといった偉大な指導者をはじめ、レイチェルカーソン、ゲーリースナイダーなどさまざまな人々に強い影響を与えました。

ソローは、自らが自然の中で生活し、その経験から多くの言葉をつむぎ出しています。そんな言葉の数々をまとめた『ソロー語録』のなかから、今回は特に印象に残ったものを紹介したいと思います。 続きを読む

あたりまえの幸せは、いくらでも身近に転がっている。『99%のありがとう ALSに奪えないもの』

ある日突然、医者からこう宣告されたらなにを思うでしょうか。

あなたはこれからゆっくりと全身麻痺になり、死んでいきます。治療薬はありません。

広告マンだった藤田正裕さんは30歳の誕生日直前に、医師から上記のような内容の宣告をされました。病名は筋萎縮性側索硬化症(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう) Amyotrophic Lateral Sclerosis(以下ALS)。

ALSと聞くと、ALS の研究を支援するためにアメリカ合衆国で始まった運動「アイス・バケツ・チャレンジ」がTwitterやFacebookなどのSNSを通して社会現象化し、話題になったことが記憶に新しいです。

どんな病気かというと、体を動かすための神経が少しずつ壊れてしまう病気です。 続きを読む

ローカリズムとは何か?グローバル化する市場経済に振り回されない小さな世界を創造するということ。

内山節さんの著書『ローカリズム原論』には、ローカリズムとは何かについて、非常にわかりやすい言葉で説明があります。

そもそもローカリズム(Localism)とは、日本語では地域主義(ちいきしゅぎ)のことで、各地方の独自性や特徴を重視し、尊重する考え方をいいます。

今回は、ローカリズムについてです。 続きを読む

経済学者・宇沢弘文が提唱した、社会的共通資本という考え方。

社会的共通資本とは、日本の経済学者であった宇沢弘文さん(1928-2014年)が提唱した概念です。

岩波新書から、『社会的共通資本』が出版されていますが、僕が今回読んだのは宇沢さんの著書『経済学と人間の心』です。

社会的共通資本について、少し難しい言葉もありますが、説明している箇所があったので紹介します。 続きを読む

風土を知ることが、グローバル化を理解するために一番必要なことである。

海外を旅したり、日本の地域に足を運んだりすると、その土地に暮らす人々のローカルな世界が広がっていることに気がつきます。その土地ごとの風土があり、特色があると言ってもいいでしょう。

哲学者の内山節さんの『ローカリズム原論』では、三澤勝衛の風土論について語られています。

そこでは、なぜ風土を知ることが、グローバルを理解するために必要であるのかについての理解を深めることができます。今回は、風土とグローバルについてです。 続きを読む