ブログ」カテゴリーアーカイブ

ブログが書けないときは、引用を活用する。

ブログを毎日書き続けて、3ヶ月くらいになりました。日々、毎日書き続けることの難しさを感じていますが、少しずつですがブログを書くコツのようなものがわかってきました。

僕がブログが書けないときに活用するのが、引用です。ブログを書き始めたことは、あまり引用を活用していませんでしたが、今ではよく活用しています。

今回は、ブログを書く際に、引用という武器を使うということです。 続きを読む

継続的に情報発信していれば、きっと仲間が見つかる。

僕がブログを使って情報発信している大きな理由の一つに、興味関心ごとが近い仲間を見つけたいという思いがあります。

そして、将来的に一緒に何かワクワクするようなことを仕掛けていきたいです。

そのための第一歩として、まずは自分が継続的に情報発信していくことが大切なのではないかということについてです。 続きを読む

惹きつける文章を書くには、書き手独自の視点で文脈につながりを加える力が大切。

他の人書いたブログをよく読むのですが、「なるほど!」と感心する文章の多くに共通点があると感じています。

それは、伝えたいメッセージに対して、書き手の持つ知識や情報をうまく結びつけながら文章を構築している点です。

書き手の頭の中の思考がよく見える文章といってもいいと思います。 続きを読む

語彙力を高めるためにブログは役立つ。

語彙力があった方が、文章に対する理解度が増しますし、会話が知的になるので、ないより断然あったほうがいいです。

ただ、語彙力は一朝一夕には身につくものではありません。日々の積み重ねが大切なのです。

今回は、ブログを書くことは、語彙力を高めていくことにも役立つということについてです。 続きを読む

ブログは、記事タイトルが決まり、見出しが2つ以上浮かべば書ける。

ブログを毎日更新し始めて、二ヶ月目に突入しました。何かを継続することが苦手でしたが、ブログが日々の習慣になりつつあります。

ブログを書いていると、自然と日常生活において、情報に対するアンテナが高くなるので非常にためになっていると感じます。

さて、ブログを二ヶ月間毎日書き続けている何かしらの気づきがあります。僕の気づきの一つに、「このテーマについてなら書けるという基準」がわかるようになってきたことが挙げられます。

今回は、その気づきについてです。 続きを読む

シンプルで、余分な贅肉が付いてないシュッとした文章が良い。

使い古された言葉だと思いますが、文章はできる限りシンプルがいい。

文章をシンプルにするということは、必ずしも情報量を少なくすることではありません。文章をシンプルにすることで、最小限の表現で伝えたいメッセージの核を浮き上がらせることができるのです。

今回は、文章をシンプルに書くことについてです。 続きを読む

人と人をつなげるきっかけとなる媒介役としての、リトルフリーライブラリーとブログの可能性。

アメリカのウィスコンシン州で始まったリトルフリーライブラリー「Little Free Library」という活動があります。

僕自身はこの活動を、『マイクロ・ライブラリー 人とまちをつなぐ小さな図書館』という本を読んで知りました。

リトルフリーライブラリーは直訳すると、小さな無料の図書館ですか、簡単にこの取り組みを説明すると、 続きを読む