何かに行き詰まったり、悩んだときに読み返したい言葉。

Pocket

生きていると、誰しも行き詰まるときがくると思います。そんなときに読み返したい言葉達をを記録していこうと思います。

随時更新していきます。

『路傍の石』

たったひとりしかいない自分の、
たった一度しかない人生を、
ほんとうに生かさなかったら、
人間、生まれてきたかいがないではないか。

山本有三

心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

ウィリアム・ジェイムズ

わずかしか持たないものではなく、多くを望む者が貧しいのである
セネカ

 

歩む者のない道 

黄色い森の中で道が二つに分かれていた
残念だが両方の道を進むわけにはいかない
一人で旅をする私は、長い間そこにたたずみ
一方の道の先を見透かそうとした
その先は折れ、草むらの中に消えている

それから、もう一方の道を歩みはじめた
一見同じようだがこちらの方がよさそうだ
なぜならこちらは草ぼうぼうで
誰かが通るのを待っていたから
本当は二つとも同じようなものだったけれど

あの朝、二つの道は同じように見えた
枯葉の上には足跡一つ見えなかった
あっちの道はまたの機会にしよう!
でも、道が先へ先へとつながることを知る私は
再び同じ場所に戻ってくることはないだろうと思っていた

いま深いためいきとともに私はこれを告げる
ずっとずっと昔
森の中で道が二つに分かれたいた。そして私は・・・
そして私は人があまり通っていない道を選んだ
そのためにどんな大きな違いができたことか

ロバート・フロスト 1916年

 

世に生を得るは事を為すにあり

坂本龍馬

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です