部下が話しかけにくい上司ではなく、余裕があって話しかけやすい上司がいい。

Pocket

どのような人が上司として理想的なのか。

考えてみると、さまざまな要素が思つくことでしょう。僕が考えたなかで一つ、とても重要だと思うのが、「話しかけにくい上司ではなく、話しかけやすい上司である」ことです。

仕事をしていて、話しかけるなオーラを出している上司と働くのは部下にとっては非常に苦痛です。部下は話しかけたくないから、早急に報告すべきことを先延ばしにしてしまうなんてことも起こりうるでしょう。

上司は話しかけられやすい存在であるべき

仕事が詰まっていたり、ストレスを感じる状況であれば人は大なり小なりイライラします。

人から話しかけられないで、目の前のことに没頭したい状況だってよくあります。ただ、そんな時でも、部下が話しかけられずらいと感じさせない余裕があればいいと思います。

これは、普段からの信頼関係が大きく関わってきます。

あの上司は、気軽に話しかけられて相談しやすいというイメージを部下が持っていれば、多少話しかけにくい日があったとしても部下は、受け入れてくれるでしょう。

でも、毎日不機嫌そうで、なんだか忙しそうにせわしなく上司が仕事をしていたら、部下はその人を避けるようになるでしょう。

なにより、その上司と一緒に仕事をしたくないと思います。

話しかけにくい上司以外の頼れる人がいないときつい

話しかけにくい上司にあたったら、どうするべきか。もちろん、仕事上その上司とはうまく付き合っていかないといけないでしょうが、他の逃げ道を活用する手があります。

同じ部署の上司や同僚などに相談をして、アドバイスをもらったりし、工夫しながら上司とうまく折り合いをつけていくこともできるでしょう。

ある人一人だけに集中するのではなく、相談を分散させるというのは、結構重要なことだと思います。

僕も以前、話しかけにくい上司の元で活動をしたことがあります。その時にきつかったのが、小さい組織であったため、その上司以外に頼れる人がいなかったということです。

その人以外に相談できる人がいない、でも上司は話しかけにくいオーラを常に発している。

そんな状況が、すごく苦痛でつらかったのを覚えています。

部下ができるだけ働きやすい環境を上司はつくる

部下が常に話しかけにくい上司を変えるなんてことは、ほぼ無理でしょう。

結局は、その上司自身が変わるしかありません。

部下ができるだけ働きやすい環境をつくる、その一つの大事な要素として、相談や報告がしやすい状況を整えておく。

どんなに忙しくとも、部下のフォローをしっかりとできる余裕はほしいですね。

最後に

仕事でうまくいかない大半の原因が、コミュニケーション不足や伝達ミスによるものじゃないかと思います。

人間ですから、失敗やミスは避けられません。そのダメージを最小限に抑えるためにも、普段からのコミュニケーションが大事なのです。

そのためにも、上司は普段からの振る舞いを意識し、部下との信頼関係をつくっていきたいですね。

それでは今回はこのへんで〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です