BOPビジネスとは何か?

Pocket

Designing business to end poverty

貧困を無くすためにビジネスをデザインする


There are more than seven billion people on this planet but most goods and services only serve the three billion rich and middle class people. The other four billion people earning less than eight dollars a day. A largely ignored by product manufactures and service providers and excluded from a formal economy. These people are referred to as the base of the pyramid  (BOP) and they make up more than half of the world’s population.

世界には70億人以上の人がいますが、ほとんどの商品やサービスは、30億人の富裕層や中間層の人々に行き渡っている。その他の40億人の人々は一日あたり、8ドル未満しか稼げず、大方の人々は製品の製造者やサービスの提供者に無視され、正規の経済から除外されている。これらの人々は、ピラミッドの底辺(BOP)と呼ばれ、彼らは世界中の人口の半分以上を占めている。

Most of them survived on an average of just two dollars and fifty cents a day, while the rich and middle class take things like electricity, water and sewage connections for granted.The poor tend to live off the grid without electricity, water and sanitation connections to make things worse due to market inefficiencies in production and distribution. They have to pay up poverty penalty for everything they buy. They earn less and have to pay more and that’s just not right but giving charity isn’t always the right answer. In fact, giving free stuff creates the price of 0.

彼らの多くは平均で一日あたり2ドル50セントで生活しており、一方で、富裕層や中間層は、電気や、水、下水システムなどを当たり前にあるものだと思っている。貧しい人々は、電気や水が供給されない環境で生活していて、また、非効率な市場なので生産や配送をする際に、すぐ物が悪くなってしまうような衛生システムの中で生活している。彼らは彼らが買うものすべてに対して貧困であることによる不利益を払わなくてはならない。彼らは、少ない額を稼ぎ、より多くのお金を払わなくてはならない。それは正当なものではない。しかし、施しを与えることは必ずしもその解決にはならない。実際、無料の物資を与えることでは、何も生み出すことはできない。

No entrepreneur can compete with this price point without entrepreneurs. No jobs are created locally and therefore the poverty cycle  continues. The bast way to help the poor is to help them build their capacity to help themselves. We can train them in vocational skills, teach them to do business, transfer technology to them so that they can operate, lend them money to start small businesses, and make profit to sustain and grow the business and employees even more people.

起業家なしでは、競い合うことができない。 田舎では仕事を創出できないため、貧困のサイクルが続いていく。貧しい人々を助ける一番の方法は、彼らが自分自身を救うことができる能力を育成していくことである。職業スキルを鍛えていき、彼らにビジネスのテクノロジーを移行することができれば、彼らはそれを運用し、彼らがスモールビジネスができるようにお金を貸し、継続的に利益を出し、ビジネスを育てていき、より多くの雇用が生み出して行く。

As more people earn more money they generate their own economy and soon the income becomes expenditure and they can afford a better quality of life by being able to buy things like clean water, good sanitation, and hygiene, safe housing, education, cooking stoves, solar lamps and technology. The poor of today will become the middle class consumers off tomorrow by inviting them into our formal global economy we can help them improve their lives cheaper, faster, better, and easier with a good sanitation, hygiene and clean water.

さらに多くの人びとがお金を稼ぐにつれて、彼らは自分で経済活動を生み出し、じきに彼らの収入は支出になり、彼らは良い生活を営む余裕を持てるようになる。例えば、綺麗な水を買い、良い衛生システムを手に入れ、安心な家や、教育、調理ストーブ、太陽光ランプ、技術得たりすることができるようになる。貧しい人々は、彼らがグローバル経済に入っていき、それによって、彼らの生活が、安くなり、早くなり、快適になり、綺麗な衛生システムと綺麗な水を手にいて、今日の貧者が明日の中間層になるのである。

 

the poor can be healthy and more productive to earn more money with technology they can cut out the middlemen and get better prices for the produce. They can do banking and support their education through communication technologies like mobile phones. BOP hope is driving platform to accelerate the speed of such a transformation. The BOP world convention is the global trade convention for cross-sector collaboration where industry players and customers meet to treat and collaborate as businesses, funds, NGOs, social entrepreneurs, academia, governments and technologist converge to compete to serve the poor as customers we create an efficient marketplace with everyone forms part of a sustainable ecosystem just like nature has a zero waste.

貧者は仲介者を排除し、良い価格で生産物を売れることができる様になった技術によってさらに多くのお金を稼げるようになり、より健康的になり、生産的になる。彼らは、携帯電話のようなコミュニケーション技術を使って、銀行や教育支援を受けられるようになった。

BOPの人々の望みは、そのような伝達システムのスピードが加速するような、推進力のあるプラットホームである。BOPの世界の発明は、産業のプレイヤーと消費者を、ビジネス、ファンド、NGO,社会起業家、大学、政府、科学者が貧しい人々を消費者としてみなし、私達が廃棄物ゼロのような持続的な環境システムの一部を実現する効率的なマーケットを創造するなどという業種の垣根を越える引き合わせるコラボレーションに向けての世界的交易発明である。

This BOP ecosystem connects applying to demand efficiently, modeling local resources to create livelihood and generate income while delivering products and services that improve the quality of life for people. The BOP have accelerate a program will match and motivate your individual effort into a synergize group effort so that companies and individuals can grow the impact without growing their overheads.

このBOPエコシステムは需要を効率的に結びつけ、人々の生活の質を改善する製品やサービスを届ける一方で、生計を立て、収入を生み出すための地域の資源を形づくる。

BOPの人々は、適用し、自分自身の努力を協力からグループの努力へと動機づけを与え、その企業や個人は人件費などの管理費用を増やすことなく、インパクトを大きくしていくことができる。

A BOP design center  will be built to facilitate the coordination of design solutions starting from needs identification to prototype to feel testing to procurement to implementation, training, distribution and market promotion when we unlock the spirit of enterprise for the poor, we open up the pathways out of poverty, entrepreneurship can deliver both wealth and social justice if we connect our head and our hands together we can make the world farah and better and end global poverty.

BOP HUB is designing business to end poverty. Let’s walk this beautiful and meaningful journey together.

BOPデザインセンターは、実装、トレーニング、流通、市場の促進に調達するためのテストを感じるように試作するニーズの同定から始まる設計ソリューションの連携を容易にするために建設されます。

私たちは貧しい人々のためにという企業の精神を解除するとき、彼らが貧困から抜け出す活路を開くことができ、私たちは一緒に私たちの頭と手を繋げ、世界より良くし、貧困を終わらせることができれば、起業家は富と社会正義の両方を提供することができます。

BOP HUBは貧困を終わらせるためにビジネスを設計しています。それでは、一緒にこの美しいと有意義な旅に出かけてみましょう。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です