おもしろいブログを書くために必要なたった一つのこと。

Pocket

ネット上には、おもしろい記事や読者に気づきを与えてくれるようなブログを書いている人たちがいます。

なぜこんないい記事を書けるのだろうと、疑問に思うことがありましたが、人を惹きつけるような記事を書ける人に共通している点が、ひとつ見つけました。

それは、ブログの書き手が、充実した日々を送っているということです。

勉強やスポーツ、仕事など、何かひとつでもいいから熱心に取り組めるものを持っている。それだけで、ブログはおもしろくなるのだと思います。

充実した毎日を送ることで、ブログを書くネタが見つかる

ブログを書いている人なら誰しも、ネタ探しに困ったことがあると思います。ブログを書き始めた頃は、これまでの蓄積だったりノウハウがあるので、それをネタにしていればいいですが、一ヶ月も経てば書くことがなくなってきます。

これまでの知識がブログのネタとして使えなくなってからが、ブログ運営のスタートを切ったとも言えるでしょう。なぜなら、自分で書きたいネタを日常のなかから自発的に探していかないといけないからです。

ブログネタを探し始めると、案外日々の生活のなかにころがっていることに気がつきます。何かひとつでも熱中できるものを持ち、充実した日々を送っていれば、自然とアイデアが湧いてくるのです。

充実した毎日を送る。そしてその生活のなかで、考えたことや発見したことを文章としてブログに落とし込んでいくのです。

ブログのためのブログはなるべく書かない

わかったブログ」を運営しているかん吉さんの記事をよく読むのですが、「ブログを書くこと」に関して非常に共感する記事がありました。

それは、「ブログのためのブログを書かない」ということです。以下、かん吉さんの記事「ブログ12周年を迎えて考えた「続ける」の意味」からの引用です。

ブログはリアルに自分が感じたこと、経験したことを書いたほうが面白いコンテンツになります。ブログで起きたことを、ブログに書くような記事は、私は好きではないです。私も一時期そういう記事を書いていたことがありました。

書いている方からすると、無から有を生むような感覚があります。しょせんゼロに何をかけてもゼロです。ネットはリアルを越えられないです。

面白いブログを続けたいのであれば、まず楽しい生活をすることです。充実した仕事を頑張ることです。一番基本的なところがすっぽぬけないように、気をつけたいです。

僕は今、毎日何かしらブログに書いていますが、ネタが浮かんでこない日はブログのためのブログを書くことがあります。ブログのためのブログを書くことを否定する気はありませんが、ブログで起きたことをブログに書くのは、書き手にとっては楽だけれど、読み手にとっては退屈なものになりがちです。

できるだけ、日常生活のなかからの得たアイデアや気づきを書いた方が、魅力的なコンテンツになるのでしょう。まあ、今書いているこの記事が、ブログに関する記事なんですけどね…笑

日常の生活が「主」であり、ブログはあくまで「従」

ブログはあくまで手段であり、それが目的になると、あまり良い記事が書けないように思えます。

リアルに自分が感じたこと、経験したことをアイデアに落とし込むためにブログを活用するのです。

ブログを書くことを目的にしないという意味で、また、かん吉さんの記事を紹介します。以下、「ブログ更新のためにブログを更新しない」からの引用です。

私にとって、日常の生活が「主」であり、ブログはあくまで「従」です。日常の活動を落とし込むための場所がブログです。

面白い本を読んだら、本の紹介をブログにポストする。これが、「ブログに紹介するために本を読む」と、話がおかしくなってきます。

自分とブログの主従関係がひっくりかえってしまうと「なにかに雇われている感」のようなものが、文章からにじみ出てしまいます。

確かに、ブログを更新するために書かれた記事というのは、文章から伝わってきます。

本来は、ブログを更新するために無理やりブログを書くのではなく、日常生活のなかで学んだことや気づいたことを文章に落とし込むツールとしてブログを活用するのです。ブログは目的ではなく、手段であるべきなのでしょう。

ブログに紹介するために本を読んだから、その本が対しておもしろくなくても紹介する。ブログに書くためにカフェに行ったから、あんまり良いお店じゃなかったけどとりあえずおすすめしとくといったことが、ブログを書くことが目的になると起こり得ます。

ただ、毎日ブログを書くという課題を課している人にとっては、どうしてもブログが目的になってしまう面があるのが辛いところですが、まず第一に充実した日々を送ることを意識して生活していれば、ブログを書くための良いアイデアが自然と湧いてくると思います。

最後に

充実した私生活を送ることが、結果的に読者を惹きつけるコンテンツを生み出す源になるという話をしました。

ブログを書くために、パソコンの前に座って画面とにらめっこしていても、良いアイデアは生まれてきません。

自分の好きなことに取り組んでいたり、一生懸命仕事をこなすことで、オリジナリティー溢れたおもしろい記事が書けたりするのです。ブログを目的にしないということは、僕自身も常に意識しておきたいです。

それではまた〜!

関連記事:ほぼ日の糸井重里さんから学ぶ、毎日文章を書き続けるということ。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です