ブログは、記事タイトルが決まり、見出しが2つ以上浮かべば書ける。

Pocket

ブログを毎日更新し始めて、二ヶ月目に突入しました。何かを継続することが苦手でしたが、ブログが日々の習慣になりつつあります。

ブログを書いていると、自然と日常生活において、情報に対するアンテナが高くなるので非常にためになっていると感じます。

さて、ブログを二ヶ月間毎日書き続けている何かしらの気づきがあります。僕の気づきの一つに、「このテーマについてなら書けるという基準」がわかるようになってきたことが挙げられます。

今回は、その気づきについてです。

テーマが決まっても書けないとき

書きたいことを見つけ、記事タイトルを決め、いざ書こうと思っても手が動かないことが結構あります。伝えたいことは決まっているのだけど、そのメッセージに肉付けする文章が全然浮かんでこないのです。

僕がブログを書く時は、文中に必ず「見出し」を何個か入れています。その見出しが2つ以上浮かぶ瞬間が、「このテーマについてなら書けるという基準」となっています。逆に言うと、パソコンの前に座り、書きながら考えても見出しが浮かんでこなければ、そのテーマは寝かせています。

ブログの基本的な型を作っておく

ある程度ブログの基本的な型を作っておくことで、それなりの記事が書けます。僕のブログだと、見出しをいくつか立て、最後にもう一度伝えたいメッセージと意見を簡単に書いて文章を締めています。

この構成は、正直すごく楽なんです。笑

見出し立てて、構成をきっちり決めて文章を書くより、見出しを付けず流れるように書くほうがよっぽど難しいし、文章を書くスキルが必要なのです。例えば、「真顔日記」というブログを書いている上田啓太さんがいますが、そのセンスは絶対に真似できません。

セブンイレブンを想いながらファミリーマートに抱かれる」だったり、「スラムダンクの深津をほめるおじさんについて」や「マクドナルドのむきだしのポジティブに照れる」など、読んでもらえればわかると思います。

上記のような記事を書くには、ストーリーの構成練りに練って、一つの文章に吟味重ねているのではないかと思います。もはや文学作品のようです。

ブログを毎日更新していると、毎回の文章に大した力を込めることができません。肩の力を抜いて、出来るだけサッと書くことがかなり大事になってくると思います。そのため、楽に文章を書くためには、やはり型が必要なんだと思います。

ブログ「隠居系男子」を運営している鳥井さんが、すでにブログの型についてすごくわかりやすく書いてくださっているので、ぜひまだ読んでない人は読んでみてください。

参照:毎日ブログを書くためには自分なりの型が必要。アイディアを型に流し込むとき、そこに“考える時間”が生まれる。

最後に

パソコンを前にしてブログを書くときに、すぐにたくさんの見出しが浮かんでくることは、ほとんどありません。

それでも粘りながら絞り出して、やっと書いている感じです。そして、イケてない文章だなと思いながら投稿ボタンをおしています。

スッと気持ち良く文章が書ける打率を少しでも上げられるように、日々コツコツと前に進んでいきたいです。

それではまた!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です