ブログのカテゴリーを増やして、半強制的にそのテーマの勉強をするべし。

Pocket

ブログは書き手によって、その内容はさまざまです。

僕のブログはいわゆる雑記ブログで、自分の興味のあることに関してテーマを絞らずに書いています。雑記ブログを書いている人の記事カテゴリーの分け方を見るだけで、書き手がどのようなことに興味を持っているかが一目でわかります。

例えば、僕の場合は以下のようなカテゴリー分けになっています。

雑記ブログで、ある程度記事数を重ねていくと、カテゴリーが固定化してきます。つまり、新しい記事を書いても、自分が得意なテーマに寄りがちになるので、ほとんどが既存のカテゴリーにおさまるのです。

そこで、今回はあえて新しくカテゴリーを増やして、半ば強制的にそのテーマに関する勉強を促すことについて書きたいと思います。

カテゴリーを増やして、新しいテーマに関する勉強を促す

先ほども述べたように、ある程度ブログを書き続けると、カテゴリーが固定化してきます。

そのため、自分の関心領域を広げるためにも、あえて書いてみたいテーマに関するカテゴリーを増やすことが非常に効果的ではないかと思います。

カテゴリーを設けることで、そのテーマについて書く意欲が出てきますし、ある程度カテゴリーの記事数を積み重ねる必要性も感じます。

新しいテーマを勉強し、アウトプットをするきっかけ作りにはいいと思います。

関連記事:毎日のアウトプットで、人は大きく成長できる。

カテゴリを増やして、週一でそのテーマについて書く

せっかくの機会なので、本ブログも一つカテゴリーを増やします。

ガジェットやライフハックに関して興味がありますが、大学でインドネシアについて勉強していたこともあって、今回は「インドネシア」のカテゴリーを作ります。

インドネシアの文化や社会構造などの理解を深めつつ、語学に関しても勉強していけたらと思っています。このテーマに関しても、まずは一週間に一度は更新していきたいです。

ブログを継続して書いていると、どうしてもマンネリ化してしまいますが、新しいテーマについて書こうと決意すると、なんだがモチベーションが上がってきます。

最後に

僕はこのブログしか運営してませんし、まだまだブログを書き始めて半年も経っていないので、あるテーマに特化したブログ書くなどということは考えていません。

もし必要性があればカテゴリーごと、別の新しいサイトに移行すればいいので、今時点では、いろんなテーマについて書いていきたいと思います。「わかったブログ」を運営しているかん吉さんが、その点詳しく書いているので、興味ある方はチェックしてみてください。

参照:一つのブログに頼るリスクを回避する – ミニサイト・スピンアウト戦略

今回は、あえてブログのカテゴリーを増やして、半強制的にそのテーマの勉強をする必要性をつくるということについてでした。ぜひ、ブログがなんとなくマンネリ化している人は、チャレンジしてみてください。

それではまた〜!

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です