好きな人たちと楽しく仕事する。

Pocket

好きな人と楽しく仕事をしたい。

これは僕の理想であるのですが、好きな人と楽しく仕事をすることのむずかしさを日々感じています。

雇われサラリーマンとして組織の中で働いているのであれば、働く人を選べませんし、仕事を選ぶこともなかなかむずかしい。

この理想と現実の壁に向き合ってみると、やはり自分の理想的な仕事のあり方を追求するのであれば、みずからがトップに立って理想の仕事と環境をつくることが圧倒的に近道なのかなと思います。

周りの人は変えられない

周りの人を変えるのは、ほんとうにむずかしいことです。もっというと、周りの人を変えることは正直できないと思っています。

「今働いている会社から、できるだけ早く退職したいしそれが希望」などど、部下がいる場所で言ってしまうような上司と一緒に働き続けたくないですし、それを言うのがいい歳した大人であれば、その人を変えることなど不可能です。

仕事で人と人が関わりあえば、相手に対する不満の一つや二つ必ずでてきます。みなさんは、そこに折り合いをつけながらなんとか踏ん張っているんだと思いますが、踏ん張るのを放棄して、互いに無関心になっている人が集まった組織で働くことほど、寂しいものはありません。

理想の仕事と環境をみずから作り出す

嫌だと思う人とは一緒に働きたくないし、楽しくない仕事を一生続けたくないのであれば、理想の仕事と環境をみずから作り出せばいい。

仕事や組織で働きたい会社や組織の代表であれば、ある程度好きな人を選ぶことができるし、仕事も選択することができる。

人と関わる以上、いやだと思うことからは避けることができないでしょうが、自分の理想を形にした組織で働くことができれば、嫌なことに対する受け入れ方が全然違うと思います。

好きな人たちと楽しく仕事する

好きな人たちと楽しく仕事をするためには、いまどうすればいいのかを考え続け、理想の実現に向けて行動する。

僕が好きな人たちと楽しく仕事するにこだわっているのは、そこに自分の居場所をみつけたいからかもしれません。

ワクワクする仕事とともに、一緒にいるとこころが満たされ、安心して過ごすことができるような人たちが集まる仕事場をつくりたいのです。

最後に

最近、仕事における人間関係で嫌な思いをすることが多かったので、好きな人と楽しく仕事するためにはどうすればいいのか考えていました。

嫌いになってしまった人を好きになるのは難しいし、一緒に楽しく仕事をすることできないと感じてしまった人と、いざ楽しくしようとしても自分が苦しくなる。

書いてみたその結論が、自分が理想とする組織や仕事をつくってしまえばいいというのが、なんとも寂しく感じました。

雇われサラリーマンでも、好きな人たちと楽しく仕事することができるのか。もうすこし、深く考えてみたいテーマです。

それでは今回はこのへんで〜。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です