月別アーカイブ: 2018年12月

妄想しカタチにする力がものづくりには必要。

「“シン・ニホン”AI×データ時代における⽇本の再⽣と⼈材育成」という興味深い資料があります。

参照:“シン・ニホン”AI×データ時代における⽇本の再⽣と⼈材育成

スライドの一つに、「妄想しカタチにする⼒が富に直結」というタイトルの元、アップルのスティーブ・ジョブズと、テスラ・モーターズのイーロン・マスクの写真が載っています。

ジョブスは、ご存知の通り、iPhoneをはじめ、iPod、iPadなどの画期的なデバイスを世に送り出した人です。

イーロンマスクは、実物のものができていないのに、予約が殺到するような車を売ってしまう。

この二人に共通しているのは、実現できないだろと思うことだったり、こんなことができたらいいなというアイデアを実際に形にしてしまうところなのだと思います。しかも、そんなアイデアは大抵の人は思いつかない。

これからの時代は、お金だけじゃ人は熱狂しない。ある個人の妄想やアイデアに、人々が集まってくる。

上記の二人のようにはなれませんが、ちっちゃくてもいいから、「妄想しカタチにする⼒」を持つことができれば、わくわくするような日々を送れるのではないかと思ってます。