月別アーカイブ: 2018年4月

ものづくりにおける自信と傲慢さ。

仕事をしているなかで、自分自身が深く関わった商品やサービスがあれば、それにたいしては大なり小なり愛着が湧いてきます。

特に、自分の手で0から1まで完結できてしまうようなものづくりの業界においては、その商品に対する個人的な想い入れがより強くなるでしょう。

自身の商品やサービスに、絶対の自信を持っているというのは、良いことであるとは思いますが、自信を持つことをはき違えると、自信が傲慢さに変わってしまう恐れがあります。 続きを読む

ものづくりには豊かさがある。

ものづくりには豊かさがある。

ものづくりの良さを一言で伝えようとするならば、今時点ではこのように答えます。

「ものづくり」といっても、手に乗っかる小物から大きな車まで幅広いので、ここで言うものづくりとは、自分の手を動かし、なにもなかった0の状態から1を作れる範囲のものを想定しています。

では、ものづくりの「豊かさ」とはなにか。 続きを読む

「ひとりで過ごす時間」を大切にできているかが大事という話。

糸井重里さんが毎日書く「今日のダーリン」

僕は、空き時間などによく読むのですが、4月27日の文章もすごくよかったです。

引用:1101.com

・「ひとりでいる時間の顔が想像できる人」がいる。
そうでない人もいる、ということになるが…。

周囲にだれもいないところでは、じぶんが裸で出てくる。
いつも陽気な人の表情にも憂いが見えるかもしれない。
人間関係に気をつかって遠慮している必要もないから、
重い部分や暗いところも出てきておかしくない。
あんがい獰猛なまでの好奇心だってあるかもしれない。
ひとりで感じ、ひとりで思い、ひとりで考える。
この時間を持っているかどうかが、とても大事だ。
ふだん、どんなに浮ついて見える人でも、
「ひとりでいる時間」の顔が想像できる人なら、
ぼくは、信じてつきあいたいと思っている。
善悪とか、損得とか、趣味がどうのとか関係ない。
「ひとりの時間」のあるなしは、なにより大事だと思う。

というようなことを、ぼくは前々から思っていたが、
「ひとりで考える時間」というものが、
創造的な仕事をするときにとても重要だということを、
創造技術者(と名付けた)の濱口秀司さんに教わった。
「三人寄れば文殊の知恵」なんてことを言うけれど、
三人で寄る前に、それぞれのひとりが考えてなかったら、
ほんとうに芯のある答えにたどりつかないというわけだ。

「ほぼ日」で、これまでやってきてよかったことのなかに
「ミーティング」を大事にするということがある。
会って集まって他の人の声を重ねていくことは、
小さな社会にじぶんの考えをさらすということでもある。
これはとてもいいことなのだけれど、その前の、
「じぶんの頭をぐるぐる動かした」時間がないと、
あんがい、ただの意見の調整のようになりかねないのだ。

この4月から「ほぼ日」では新しい金曜日を設定した。
この曜日を、じぶんひとりの頭で考えるための日にする。
街に出ようが映画に行こうが、席にはりついてようが
じぶんで選んだやり方でかまわない。
とにかく、「ひとりの時間」に、ひとりで考えるのだ。
このクセをつけることを会社としてやってみる。
もしかしたら、かえって厳しい金曜日、とも言えるかな?

ひとりで感じ、ひとりで思い、ひとりで考える。

最近の、「ひとりで過ごす時間」を省みて、もっともっと頭を使わないといけないと感じました。

糸井さんは、毎日こうやって「今日のダーリン」にひとりで考えたことを発信しつづけているのだから、もうスーパーマンみたいです。

小さな準備を毎日続けていれば、きっと目指している場所へいける。

自分がこうありたいと思う理想の姿だったり、達成したい目標のようなものを誰しも持っていると思います。

ただ、あたりまえのことですが、理想や目標をもっているだけでは、絶対にその目指している場所へいくことはできません。

そんなことは重々承知ですが、日々、何かと「忙しい」生活を送っていると、目の前のことで精一杯になります。自分のための時間をつくるって、結構むずかしいです。

むずかしくて大変だけれど、毎日小さな準備を淡々とする。それさえできていれば、きっと目指している場所にたどり着くことができるのではないでしょうか。
続きを読む

2018年4月に読んで、とってもよかった記事。

2018年4月に読んで、面白かったり、参考になった記事をまとめてます。

・新入社員に伝えたい本当のトコロ

所ジョージさんに対するインタビュー記事。youtubeに「世田谷一郎」名義で歌をアップし始めたりと、新しいことに挑戦し、とっても人生を楽しんでいるように見えます。インタビュアーの質問に対する答えも所さんらしく、こんな大人がたくさんいると下の世代が「なんかもうすこし頑張ってみよっかな」なんて思える気がしますね。 続きを読む

教えすぎないことの大切さ。自分の頭で考えることで、人は大きく成長する。

人は、年齢をかさね、経験をつんでいくと、だんだんと何かを教わる立場から、教える立場になることが多くなります。

最近、聞いてなるほど!と思ったことが、教える立場の人が、ものごとを教えすぎない方が良い場合があるということです。

仕事で考えてみると、上司は部下に物事を教えすぎないほうが、結果的に部下のためになるというようなことです。

何かを教える立場になると、懇切丁寧に教えたくなりますが、そこをあえて我慢するのも大事というのが、今回の話です。 続きを読む