月別アーカイブ: 2018年2月

自分が過去に経験した痛みを、未来に役立てるために働く。

藤野英人さんがFacebookに、こんな投稿をしていました。

明治の教え子のレポートから

「働くとは、生きるためにいやいや働くか、ごく一部の好きなことを見つけられた人だけ楽しく働くことができるという2種類しかないと思っていた。しかし、授業を通じて、自分の過去の痛みを未来に活かそうとする人たちの存在を知り、働くということをようやく肯定できるようになった」

こう思う子がひとりでもいただけでも授業をしてよかったと思っている。

自分の過去や現在の痛みが将来、誰かの痛みを減らすことができるかもしれないと思えたことは、この子にとっては未来につながることだと思う。おそらくこの子もなにか自分の過去の痛みがあるのだろう。

続きを読む

個人ブログのドメインに、信念を込める。

サイトのドメインを、どのようなものにするか。

Webサービスやブログを運営する人にとっては、誰しも悩むと思います。

ほしいと思ったドメインの多くは、すでに誰かに取得されている場合が多いです。むしろ、自分の希望に合ったドメインが見つかることのほうが少ないでしょう。

数々の制約の中から、サービスやブログのコンセプトに合ったものを見つけるのは至難の技なのです。

僕自身も、本サイトのドメインを決める際には、しっかり時間をかけて考えました。

続きを読む

部下が話しかけにくい上司ではなく、余裕があって話しかけやすい上司がいい。

どのような人が上司として理想的なのか。

考えてみると、さまざまな要素が思つくことでしょう。僕が考えたなかで一つ、とても重要だと思うのが、「話しかけにくい上司ではなく、話しかけやすい上司である」ことです。

仕事をしていて、話しかけるなオーラを出している上司と働くのは部下にとっては非常に苦痛です。部下は話しかけたくないから、早急に報告すべきことを先延ばしにしてしまうなんてことも起こりうるでしょう。 続きを読む