2018年5月に読んで、とってもよかった記事。

Pocket

・「ジョイマンはどこに行った?」 ジョイマン「ここにいるよ」※ジョイマン高木 特別寄稿

お笑い芸人のジョイマン・高木晋哉さんが書いた文章。

世間から「ジョイマンは消えた」といわれ、「世界に必要のない芸人」と思うことも。そんな彼が『一発屋オールスターズ』に参加したことがきっかけに、「居場所」を見つける。

高木さんは、文中でこう語ります。

僕はここにいる。自分の足で立ち、ここにいる。これからもそうだ。場所がどこかは問題じゃない。自分の位置、そしてそこから見える景色は日々移り変わっていく。だからこそ、どこにいても「ここにいるよ」と自信を持って言える自分であることが大切だ。

人は、自分の「居場所」を探すものだし、いつも探しているように思います。でもその居場所をつくるのは、もしかしたら自分自身なのかもしれない。すごく素敵な文章でした。

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です