月別アーカイブ: 2017年7月

考え方のベクトルが人生のすべての方向を決める。

京セラを創業した稲盛和夫さんは、著書の『生き方』にて、「人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力」という方程式を紹介しています。

そしてこの方程式の三つの要素(考え方、熱意、能力)なかで、稲盛さんが一番重要な要素として捉えていたのが「考え方」です。

考え方の持ちようによって、人生が大きく変わるというのです。 続きを読む

働くとは、「傍」を「楽」にすること。「他を利する」ところにビジネスの原点がある。

僕が学生時代に悩んでいたテーマのひとつに、「働くことの意味について」がありました。

仕事観なんて働いてみないとわからないとは思っていましたが、それでもなぜ働くのか、なんのために働くのかなどモヤモヤしたものを抱えながら色々と模索していたのを覚えています。

生活のために働くというのは大前提としてありますが、ポイントはその先にある自分なりの価値観や哲学的なところです。

今はまだ、自信をもって自分なりの仕事観を伝えることはできないですが、ある程度まで言葉にできるようになってきました。 続きを読む

社会を変えたいと願う人間が、社会問題なんてどうでもいいと考えるニヒリストに変わることがある。

東浩紀さんの『ゲンロン0 観光客の哲学』では、ドストエフスキーの小説から現代のテロリズムがはびこる激動の時代を紐解く試みをしています。

僕はドストエフスキーの小説を読んだことがなくまったくの無知ですが、ドストエフスキーは、社会変革の理想に燃えた人間がいつのまにかニヒリストになってしまうプロセスを緻密に描きだしていると東さんはいいます。 続きを読む

人生を積み減らしながら生きるという考え方。

人生はコツコツと積み重ねていくことが大事である。

生きていくうえでの教訓として、積み重ねることの重要性を聞かされたことが誰しもあると思います。

僕自身も、人生はコツコツ積み重ねていくことが大事なことだと考えてきましたが、「人生は積み減らすべきである」という違う視点からもあることを知りました。 続きを読む

Xserverの独自SSLの自動更新が失敗した時に、確認すべきこと。

本ブログのサーバーは、Xserverを利用しています。

Xserverは、サイトのSSL化を無料でおこなえ、自動更新も代行でやってくれるので非常に便利なのですが、先日、Xserverのサポートから自動更新ができなかったという趣旨のメールが届きました。 続きを読む

人生も、将棋も、勝負はつねに負けた地点からはじまる。

現役最年長棋士であった加藤一二三さんが、2017年6月20日に将棋界を引退しました。

参照:加藤一二三九段が引退 「将棋界のレジェンド」は62年10カ月間、こう戦った

そんな加藤さんが自身のツイッターにて、こんなツイートをしていました。

人生も、将棋も、
勝負はつねに
負けた地点からはじまる。

短い文章ですが、加藤さんがこれまでの人生のなかで経験した大事なエッセンスがつまっているように思えます。 続きを読む

資本主義経済の本質を理解するために。

今、僕たちが置かれている経済や社会システムについての理解を深めるためには、本質的なところからしっかりと学ぶ必要があると感じます。

僕自身、大学時代にミクロ経済学、マクロ経済学の基礎的なところは一通り勉強しましたが、今の資本主義経済の成り立ちまでの歴史的過程や、どのように経済が動いているのかなどの理解が非常に乏しく思えます。

一朝一夕で学ぶことはできませんが、この世界を見る目を養うためにも、少しずつでも勉強していこうと思います。 続きを読む

支援ではなく、そばにいて一緒に考える。誰でも通えて、つながり合えるコミュニティハウス「ひとのま」

先日、NHKのEテレにて、富山県にあるコミュニティハウス「ひとのま」が紹介されていましたが、その活動は非常に興味深いものでした。

参照:ETV特集「ひとのま ある一軒家に集う人々」

「ひとのま?なにそれ?」って方にも、ぜひその活動だけでも知ってもらえたらいいなと思ったので、紹介したいと思います。 続きを読む