月別アーカイブ: 2016年12月

納得感を突き詰めると、自分のやりたいことが見えてくる。

やりたいことがわからないという人がよくいると思います。僕自身、やりたいことの軸は持っていますが、その内容がコロコロと変わったりしています。

やりたいことは人それぞれ違い、100人いれば100通りのやりたいことが出てくると思います。しかし、そもそもやりたいことは、なにを根拠にやりたいことなのでしょうか。

今回は、「やりたいこと」ってそもそも何なのかついての話をしたいと思います。 続きを読む

嫌なことや世の中の不条理を感じたら、いっそのことすべて「太陽のせい」にする。

2015年頃、妖怪ウォッチというアニメが子供達に人気でした。アニメに影響されて、なんでも「妖怪のせい」にする子供が増えたということを良く耳にしました。

「妖怪のせい」と聞いた時に僕が思い出したのが、カミュの『異邦人』の中に出てくる主人公です。彼は人を殺した理由を「太陽のせい」にしました。

なんで主人公は「太陽のせい」にしたのか。 続きを読む

3分で読めるカフカの古典的名作「掟の門」。

岩波文庫から出版されている『カフカ短編集』のなかに「掟の門」(おきてのもん)という作品が収録されています。

非常に人生における示唆に富んだ作品で、考えさせられました。

3分ちょっとで読めるのでぜひ、読んでみてください。

続きを読む

誰からも必要とされてない感が人を苦しめる。自分の価値は自分で決めるという姿勢が大事。

人間は「他人から必要とされたい欲求」というものを誰しも多かれ少なかれ持っています。

誰からも必要とされていないと感じる時に、自己嫌悪になり、自分を責めてしまいがちになるでしょう。

今回はこの「誰にも必要とされていない感」についての話をしようと思います。 続きを読む

facebookの「友達記念日おめでとうございます」の必要性について。

facebookのタイムラインを見ていたら、こんなものが流れていました。

○○ ○○さん(僕のfacebookでの友達)との友達記念日を祝おう!
2年前の今日、Facebookで○○ ○○さん(上記の友達)と友達になりました。友達記念日おめでとうございます!

結婚記念日や、恋人と付き合った日の記念日を祝うという記念日の概念は持っていましたが、「友達記念日」というものは、初めて聞いたので、今回はこのことについてすこし考えてみようかなと思います。 続きを読む

バングラッシーとバングクッキー。インドにおける大麻事情。

普通の人はバングラッシーやバングクッキー聞いてもピンと来ないでしょう。

しかし、インドに最低一ヶ月滞在した人なら誰でも知っているのではないでしょうか?

いわゆるバングとは、大麻(マリファナ)のことで、大麻をラッシーと混ぜたものがバングラッシー。クッキーと混ぜたものがバングクッキーです。大麻は、現地でガンジャとも言われます。 続きを読む

東大と医科歯科大医学部を中退した伝説のボディービルダー、マッスル北村さんの生き方

ボディービルに人生を捧げ、またタレントとしても活躍していた「マッスル北村」こと、北村克己さんをご存知でしょうか。彼は2000年に極限まで減量を行った結果、急性心不全を引き起こし、39歳の若さで亡くなりました。

最近彼のことを知り、その考えや生き方にとても感銘を受けました。

今回は、彼の人生とその哲学を紹介したいと思います。 続きを読む

人生を山に賭ける登山家、山野井泰史さんの生き方。

山野井泰史さんという登山家がいるのをご存知でしょうか。

山岳雑誌「山と渓谷」2016年1月号に掲載された、読者1,000人による好きな登山家アンケートでは、植村直己を抑え堂々の1位に選ばれています。ちなみにその妻、山野井妙子さんも外国の山岳雑誌に「世界で最も才能のある女性クライマー」と書かれることもあり、彼女も上記のアンケートで10位に選ばれています。

僕が彼とその妻の妙子さんを知ったのが、沢木耕太郎の著書『』で彼らの生き様を読んだのがきっかけです。ノンフィクションで綴られる彼らの山に人生をかける生き方に、衝撃を受けたことを覚えています。

続きを読む

社会貢献したい人はまずは自分貢献をして、足元にしっかりと土台をつくろう。

社会貢献にはいろいろな形があります。

仕事をしてお金を稼ぐことも、いろいろなサービスや物を買って消費をすることも、間接的には社会貢献になります。タイトルの「社会貢献」は、ボランティア活動やNPOやNGOを通じた、直接的な社会貢献についての意味を表しています。

社会貢献することは素晴らしいことですが、今回は、「自分貢献」をする重要性についての話をしたいと思います。 続きを読む

カリスマファンドマネージャー藤野英人さんの『君の人生を変える100の小さな習慣』

レオス・キャピタルワークスの創業者で代表取締役社長。ひふみ投信のファンドマネージャー藤野英人さんが考える100の習慣を紹介します。

この100のリストは、非常にシンプルでありながら、大切なエッセンスが詰まっています。もちろんこのすべてを行う必要はなく、出来そうな事からやっていけば、自らの心身の豊かさに繋がることでしょう。 続きを読む