カリスマファンドマネージャー藤野英人さんの『君の人生を変える100の小さな習慣』

Pocket

レオス・キャピタルワークスの創業者で代表取締役社長。ひふみ投信のファンドマネージャー藤野英人さんが考える100の習慣を紹介します。

この100のリストは、非常にシンプルでありながら、大切なエッセンスが詰まっています。もちろんこのすべてを行う必要はなく、出来そうな事からやっていけば、自らの心身の豊かさに繋がることでしょう。

私自身、藤野さんのファンであり、定期的にこの100の習慣を見返すようにしています。小さなとことからコツコツと。日々の努力の積み重ねが大きな成長につながると信じています。


【1】会社で一番早く出社しよう
【2】元気な声で「おはようございます」と言ってみよう
【3】大きな声で挨拶できなければ、会釈して頭を下げることに慣れよう
【4】頭を下げることはカッコいいことだと考えよう
【5】SNSやブログなどで発信してみよう
【6】毎日30分、勉強してみよう
【7】週に1冊、本を読んでみよう
【8】本が苦手なら漫画を読もう
【9】NHKの語学番組を積極的に活用しよう
【10】積極的に旅に出よう
【11】海外で仕事か勉強をする機会を20代のうちにもとう
【12】体を鍛えよう
【13】継続できるスポーツを見つけよう
【14】カラオケ・ゴルフ・ワインなどオジサンの好きなことに興味をもとう
【15】年上の人と積極的に付き合おう
【16】業界の違う友人をもとう
【17】異性の友人をもとう
【18】趣味の仲間との交流を深めよう
【19】同級生や同窓生と定期的に会ってみよう
【20】故郷や親戚との関係を大切にしよう
【21】舞台でパフォーマンスをする機会を作ろう
【22】将来(もしくはいま)、社会人大学院に通ってみよう
【23】人をたくさん褒めよう
【24】たくさん恋をしよう
【25】ラブレターをたくさん書こう
【26】たくさん失恋しよう
【27】たくさん失敗しよう
【28】「勝つか負けるか」ではなく「勝つか学ぶか」と考えよう
【29】会いたい人には会いに行こう
【30】映画を観よう
【31】絵画を観よう
【32】音楽を聴こう
【33】絵を描いたり、書道をしたり、何かを創ってみよう
【34】歌を歌ってみよう、楽器を演奏してみよう
【35】雑誌をたくさん読もう
【36】年賀状に力を入れよう
【37】人と会ったらメモを取ることを心がけよう
【38】手帳にこだわろう
【39】株式投資をやってみよう
【40】新聞をしっかり読もう
【41】目標となる人やライバルを探そう
【42】目標となる人やライバルと会ったり、食事をする機会をもとう
【43】年に1回は分不相応なレストランに行ってみよう
【44】三日坊主でもよい
【45】完璧主義者になるな
【46】有言実行でいよう
【47】実行できないなら、まず有言であれ
【48】他人には常に感謝の気持ちで接しよう
【49】まずは清潔であれ
【50】おしゃれに気を遣おう
【51】小物にも気を遣おう
【52】百貨店や家電量販店を月に一度は見てみよう
【53】流行に敏感であろうと努めよう
【54】日本の文化に接する機会をもとう
【55】オリジナル名刺を作ってみよう
【56】セミナーや講演会では、前のほうに座るようにしよう
【57】セミナーや講演会では、講師に相槌を打ちながら聞こう
【58】セミナーや講演会では、必ず質問をしよう
【59】セミナーや講演会が終わったら、必ず名刺交換をしよう
【60】セミナーや講演会で名刺交換した人には、後でお礼状を書こう
【61】無料の講座に申し込んで話を聞いてみよう
【62】自分用プレゼンを作っておこう
【63】NPOやNGOの活動に参加してみよう
【64】飲み会の幹事に積極的になろう
【65】お金がないなら志をもとう
【66】小さなプライドはきれいさっぱり捨て去ろう
【67】常に視野を大きくもとう
【68】足元をしっかり見つめよう
【69】他人の痛みに敏感な人であろう
【70】弱者に手を差し伸べる人であれ
【71】できないこと、わからないことをはっきり言おう
【72】存在感のない人間より、空気が読めないと揶揄される人間でいい
【73】最新の技術や科学に関心をもとう
【74】環境問題について敏感であれ
【75】自分の幸せより他人の幸せを最優先に考えよう
【76】社会人になっても予定表を作ろう
【77】まめになろうと心がけよう
【78】面白いギャグや一発芸を身につけてみよう
【79】不器用であれば、不器用で売り込めないか考えてみよう
【80】食べ物に気をつけて、食事の内容に関心をもとう
【81】見たい、聞きたい、知りたいという好奇心をもとう
【82】怒る前に1分間、考える習慣をつけよう
【83】他人と自分の違いを個性と受け止め、尊重するようにしよう
【84】誰からでも学ぶ姿勢を貫こう
【85】ケータイを使いこなそう
【86】パソコンに精通しよう
【87】どこででも寝られるようにしよう
【88】テレビからも積極的に情報を入手しよう
【89】いっそのことテレビを捨てよう
【90】疲れたら休もう
【91】自分を許そう
【92】どうしようもなくなったら逃げることも考えよう
【93】どんな状況も楽しもう
【94】若者批判に同調しない
【95】自分には100万人の仲間がいると想像してみよう
【96】普通の家庭や普通の人生というものはないと考えよう
【97】話してもすぐにはわかり合えないことを理解しよう
【98】お金を大切にしよう
【99】「何もない」も武器になる
【100】何かあったら、この100か条を見返そう

関連記事:NPO活動や社会起業家を目指すのは、働くことに対する不信感の裏返しなのかもしれない!?

Pocket

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です