ZeppDiverCityのステージに、峯田がいた。「GOD SAVE THE わーるど」 銀杏BOYZ & teto

中学時代にカラオケで友達が『銀河鉄道の夜』を歌っていたのが、銀杏との最初の出会いであり、その頃から10年以上ずっと聴き続けている銀杏Boyz。

いろんな勉強もしてきたけど、どの「科目」よりも銀杏boyzという存在は自分の人生のためになってるように思えるし、僕のこれまでの人生は、まちがいなく峯田の音楽とその歌声とともにありました。

東京、名古屋、大阪、仙台をめぐる銀杏BOYZ、2018年ツアー「GOD SAVE THE わーるど」

その初日である11月7日。ゆりかもめの台場駅を降り、フジテレビの長い階段の前を通り過ぎ、ZeppDiverCityまで続く左右がライトアップされた一本道を歩くときに、いろんな感情が湧き上がってきました。

もちろん一番大きかったのは、これから峯田に初めて会えるというワクワク感だったけど、過去を振り返りながらなんだかよくここまで踏ん張って生きてきたなあと自分を肯定してやるような、そんな感じでした。

遠くに見える、東京タワーとレインボーブリッジもそれはまた美しかった。

会場に着くと、すでに入場を待つ、日本のどこかしらか湧いてきた銀杏ファンの人だかりができていて、銀杏のファンがこれだけ集まっているということがなんだかうれしかった。

tetoがゲストで出るというのは、だいぶ前に知りましたが、事前に「予習」したのは今回の披露してくれた7曲のうち、2曲くらいでした。

ほぼ知らない状態だったけど、tetoのパフォーマンスはすごかった。

一曲目の『光るまち』(あとからタイトル知った)が、一番印象に残っていて、「光るまちに行こう」の繰り返しのところで、心を鷲掴みにされた感じ。声のかすれ具合、声量が半端なかった。月並みな感想かもしれないけれど、tetoは魂で歌ってる。

あと、ヴォーカルの人の歌いながらマイクスタンドを動かす技術に終始感心してました。笑

セットリスト

1.光るまち
2.高層ビルと人工衛星
3.トリーバーチの靴
4.Pain Pain Pain
5.溶けた銃口
6.忘れた
7.手

tetoの出番が終わり、いよいよ峯田の登場。

現れるやいなや、ライブ映像でよく見る、「峯田〜!」という叫び声。そしてスタートが、「星に願いを」。

「歩んできた道は後悔ばかり」「愛してる」の歌詞変更も、本当によかった。

曲それぞれの感想は、書くつもりはないけれど、新曲もよかったし、「漂流教室」「東京」など聞けないと思ってた曲が聞けたのですごく嬉しかった。

セットリスト

星に願いを
若者たち
駆け抜けて性春
エンジェルベイビー
新曲(GOD SAVE THE わーるど)

恋は永遠
夢で逢えたら
漂流教室
SEXTEEN
東京

NO FUTURE NO CRY
BABY BABY
僕たちは世界を変えることができない

アンコール
ぽあだむ

ただ、今この文章を、ライブの二日後に書いているけれど、正直なんだかもうほとんど覚えていない。

たしかに上記の曲は、歌っていたけど、ほとんど記憶の断片しかない。ほんとに自分でも不思議なのだけれど、ライブが終わってすぐもこんな感じでした。

あと、今回のライブでは、きっと泣いてしまうと思っていたけれど、涙の一滴も流れなかったのが自分でも意外なことだった。

目の前で峯田が歌っているという現実を前にして、ライブ中もどこか夢の中にいるようにふわふわとしていて、物理的に離れた空間から峯田をスクリーンからのぞいているような、そんな感じでした。

これまで峯田の声と共にあった過去の記憶と、目の前で峯田が歌っているという現実がぶつかり合って、なんだか何も考えられなくなって、ただ、峯田が歌ってるのを見てるって感じであっというまに時間が流れていった。

気づいたら、アンコールの「ぽあだむ」が終わって峯田が頭を下げながら舞台袖にはけていくのを見ていた。

このライブの感想をなんだかまとめようにも、まとめることができないけれど、ひとつ言えることが、生きててよかったと思える瞬間がそこにあったということじゃないかと思います。

つらくて苦しいこともたくさんあったけれど、峯田の歌声に励まされたことは数知れず。そんな峯田が生きていてくれて、まだ歌ってくれていること、そしてそれを見れることがほんとうに嬉しかったし、これからも峯田の歌を聴き続けたいです。

そしてそのためにも、しっかり生きなきゃなんて思わせてくれるのが、峯田のすごいところの一つなんじゃないかと感じます。

とりあえず、来年の1月の武道館もいくのでそれまでしっかり生きていこう。

最後に

2018年11月7日、Zepp DiverCityで行われたツアー初日に行き、初めて峯田に会って感じたことはちゃんと言葉にして大事にしておかないといけないな〜と思ってつらつらと書きました。

結局ちゃんと言葉にできなかったのですが、いま感じていることは、書かないと忘れちゃいますし、時々この文章を見返して、今回のライブの記憶を呼び戻して、思い出に浸りたいと思います。

以下、読んだライブレポート

銀杏BOYZ「GOD SAVES THE わーるど」開幕、新曲初披露

銀杏BOYZ ツアー2018 「GOD SAVE THE わーるど」 teto @Zepp DiverCity 11/7

納期という波をいかにスムーズに乗りこなすことができるか。

納期管理ってすごく難しいです。

いつも順調に進むわけではありませんし、様々な要因が重なって、納期に間に合わないこともあります。

個人的に納期管理で重要だと思うのが、ありふれているとは思いますが、余裕を持った納期設定をするということです。

余裕を持った納期設定をするためには、意思決定のスピードを早くしたり、段取りをできるだけ早すめせること

早めに大枠のスケジュールを決めてしまえば、細々とした軌道修正は後々でも大丈夫なので。 続きを読む

人生をかけて、毎日耕したいと思う畑を持っているかどうか。

毎日やり続けたいと思うことや、ついつい熱中してしまうことがあるということが、これからの強みになってくるのではないかとふと、思いました。

何かに特定の分野について熱中し、没頭してしまう人のことを、少し前はオタクなどと呼んでいましたが、オタクになれるというのはまったくマイナスなことではなく、確実にその人の長所になる。

なにか興味のある分野を一つの畑だとすると、毎日耕しつづけたいと思う畑を持ち、そしてその畑を耕すことが習慣になっている人が生きやすい世の中に、これからはどんどんなっていくのだと感じています。 続きを読む

知的な文章は、難しい言葉や表現が少ない。

文章は、できるかぎりむずかしくない言葉をつかって、わかりやすく端的に表現されていたほうがいい。

以前に、本ブログでもシンプルに文章を表現することについて書いていましたが、わかりやすい文章を書く人をひとり挙げるとしたら、すぐに糸井重里さんが思い浮かびます。

関連記事:シンプルで、余分な贅肉が付いてないシュッとした文章が良い。

続きを読む

自分に指示出しができれば、仕事はスムーズに進む。

仕事は、一つのことがらだけに集中してできればいいのですが、実際はさまざまな仕事が並行しながら進んでいきます。

しっかりと仕事のスケジュールや段取りを組まないと、さまざまな案件が同時に進んで行く状況においては、何から手をつけていいかわからなくなったりと、パニックに陥ってしまうことだってあります。

僕が仕事を上司から教わるなかで、なるほどと思ったのが、自分に対して指示出しがきちんとできているかどうかによって、仕事がスムーズにいくかいかないかが決まるということです。 続きを読む

読みたい本は秒速でポチると良い。

僕は、読みたいと思った本に出会った時は、できるかぎりお金のことは考えないで、すぐに購入しようと心がけています。

興味があるくらいの本であれば、一旦「ほしいものリスト」に追加していますが、これはすぐ読むべきだと感じたものは、秒速とまではいかなくとも、すぐにポチってしまいます。

このすぐに本を買っちゃうフットワークの軽さって、結構大事なのかなと思うことがありました。 続きを読む

お客様のためなら、社員をないがしろにしていいのか?

お客様の期待に答えることができなければ、会社は継続し続けることができず、じきに潰れてしまう。

お客様を第一に考えることは、会社にとっては当たり前のことなのかもしれません。経営者的には、お客様と社員だったらお客様のことを優先的に考えるのでしょう。

ただ、「お客様のためなら無理をしてでも仕事をしろ」がいきすぎると、働く人たちが疲弊してしまう。

社員を大切にすることができない会社は、お客を大切にすることができないでしょう。また、これからの時代、インターネットによって、隠そうとしても企業の情報はどんどんとオープンになっていくでしょうし、社員を大切にしていない姿勢は、外部の人々に伝わるのだと思っています。

お客様のために社員をないがしろにせず、社員がイキイキと働くことができる職場ができれば、それが結果的に「お客様のため」につながっていくんじゃないかなと考えています。

このテーマは、日々の生活のなかで引き続き考えていきたいことの一つです。

世界を変えたいという言葉から感じる違和感の正体。

世界を変えたいという言葉に、違和感を感じるという人はかなりいるのではないでしょうか。

なにか「世界を変える」という言葉には、夢や希望が詰まっている魅力的なものなのかもしれません。その言葉に、惹きつけられる人が多くいます。

僕も学生だった頃は、一時期たいして考えもせず漠然と世界を変えられたら良いなんて思っていた時期もありました。

当時の自分には、まったく意識していなったのですが、世界を変えるという言葉の裏には、自分にとって都合の良い世界に変えるという意味が含まれています。

たぶん、自分にとって都合の良い世界をつくるという認識がなく、やっていることすべてが、「世界のためになっている」というような傲慢さを感じる人に対して、違和感のようなものを感じるのだと思います。

ただ、常に他人がどう思うかに配慮をしている暇はないですし、そもそも絶対に正しいことなんかなく、自分にとって都合よく生きるのが人間なのだとは思いますが。

ノルマなし、就業時間通り、残業ゼロを実現する超ホワイト企業がある。

「社員にとって働きやすい会社」と「会社として成り立つビジネスモデル」を両立させるような発想で、人気のステーキ丼専門店を営む会社が京都にあります。

その企業に関する記事を読んで、すばらしいなと思いました。

参照:出た答えは「売り上げを減らそう」京都の超ホワイト企業が業績至上主義に抱く違和感

しっかりと売り上げを上げながら、個人に対するノルマなし、残業なしを実現し、社員が無理をすることなく仕事をできる環境を整えている点です。

続きを読む