顧客の要望に、過度に応えすぎると利益の損失とメンバーの疲弊を生む。

お客様の要望だからといって、その要求に過度に応えすぎることは組織としても利益の損失に繋がる可能性があります。

また、一人一人の要望に懇切丁寧に応えていたら、そこで働く人もだんだんと疲弊していきます。

どうしても、お得意さんの要望だからとか、期待されているから応えないとと思ってしまいがちになりますが、要望に応えた結果それが自分の首をしめているようでは元も子もありません。

顧客の要望を「断る」という判断をしっかりと下せることも、仕事をする上では必要なことなのだと思います。

意義目標を設定することの大切さ。

会社組織で働くということは、人と人のやりとりが必ず生まれます。

そのやりとりのかなでの難しさをここ数年痛感しており、個人的には組織で働くということ、どうすれば人と人とがスムーズにやりとりできるのかなどが、今かなりホットなトピックで関心があります。

麻野耕司著『THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)』のなかで、チームとして働くための目標設定の仕方として、意義目標をたてることの大切さを説います。

当たり前のように思えますが実はほとんどの企業が、意義目標を設定できていなのではないかと感じます。

チームに行動目標しか設定されていなければ、時にメンバーは「作業」の奴隷になります。

チームに成果目標しか設定されていなければ、時にメンバーは「数字」の奴隷になります。しかし、多くのチームが意義目標の重要性を十分に認識していません。

意義目標を設定することによって、メンバーは自らの生むべき成果や取るべき行動について、意思を持つことができます。

「何をやるべきか?」だけでなく「何故やるべきか?」が分かれば、新たな「何をやるべきか?」が見つかるからです。」(『THE TEAM 5つの法則 (NewsPicks Book)』(麻野耕司 著)より)

目の前の数字や成果のみを追うのではなく、組織が存在する意義、仕事をする意義をそれぞれのメンバーが理解して行動することができれば、より深みのあるチームを組むことができるし、広い視野を持って仕事ができるのでしょう。

ブランドも意義が大事

会社として存在する意義を示すことが、働く人々がよりよく働くことができるためには重要ですが、これはブランドにも言えます。

個人的に、好きなブランドは、そのブランドが存在する意義が明確であると感じます。

例えば、マザーハウスの「途上国から世界に通用するブランドをつくる。」というコンセプト。

私たちマザーハウスは、「モノづくり」を通じて「途上国」の可能性を世界中のお客様にお届けしていきます。

私たちのもの作りは、現地で素材を見つけ出すことから始まります。
そしてその素材が輝き、驚きと個性溢れるものをひとつひとつ真心こめて手作りしています。

作っている時の私たちの目標、それは、お客様の心を動かす商品、
お客様とともに生きていく商品を作ることです。

商品を通じて世界の多様性を伝え、笑顔とぬくもりが
世界に少しでも増えることを目指しています。

マザーハウスのサイトを読むと存在意義にも「途上国」「労働環境」「素材」などといくつかキーワードが出てきます。

ブランドの存在意義が明確であると、それに共感した人々の心に強く刺さります。

それが結果として人々を魅了し、購買に繋がるのではないでしょうか。

考えるために、書く。

文章を書くということは、なにか書く内容が前提としてあるからこそ、書くのであると思いがちになる。

でも、もっともっと考えるための手段としての書くという行為について考えてみてもいいのかもしれない。

一人で考えることを最近サボっているなと反省しつつ、「考えるために」このブログを改めて活用していきたいです。

憂鬱になるのは、自分のことばかり考えているから。

「悲観的になるのは、自分のことばかり考えているから」ということを、精神科医で随筆家であった斎藤茂太さんが言っていたそうです。

この言葉には、非常に共感するところがあります。僕自身、憂鬱でつらかった時期を思い返してみると、その時期は常に自分のことばかり考えていたように思えます。

どうしてうまくいかないのだろうか、これからどうしたらいいのだろうか、自分の選んだ選択は正しかったのだろうか…。

そんな、答えがすぐに出ないような問いを自分に向かって常々投げかけていました。思考が自分にばかり向いていると、確実に視野が狭くなるし、自分がなんだか嫌になってきます。

自分の調子が悪い感じるときは、「自分のことばかり考えていないか?」を自分に問いかけてみることが大事なのではないでしょうか。

自分のことばかり考えていると感じるのであれば、ちょっと息抜きに小旅行にいって気分転換してみたり、他人にすこしでも意識を向けてみると、気持ちがずっと楽になります。

自分に矢印が向いている意識を、意識的にどこか違うところに逸らしてみる。逸らし方は人それぞれなので、自分にあったものが見つけられるといい。

個人的には、ビジネス書や実用書ではなく、小説を読んだり、緑がある場所に出かけたりすることで、自分に向かっている意識を意識的に外に向けていたりしますね。

みんなの前で怒り、叱責する上司のマネジメントは最悪。

これは、反面教師なのですが、多かれ少なかれ人が集まっている場面(例えば、ミーティングや朝礼)で、特定の人を叱責するという上司のマネジメントは最悪だなと思うことがありました。

人はそれぞれ大なり小なりプライドを持っているので、人前で叱責されるということは、部下に恥をかかせる。

叱責する本人は、良かれと思って、あえて人が集まる場所を選んでいると思いますが、結果として部下の信頼を大きく失う可能性があるし、下手をすると、叱責された部下は離れていってしまう。

特定の誰かに対して叱るときは、必ず一対一で話合うべきです。部下は圧倒的に弱い立場にいるため、一方的に話すのではなく、対等に会話ができないと、フェアではありません。

人前で部下を叱るという選択は、百害あって一利なしだと強く思います。

そんな環境が日常であるならば、自分が潰れてしまう前に、仕事をやめるなり転職したほうがいいでしょう。

理想と現実の間を悩みながら生きることで、なにを大切にしたいかが見えてくる。

理想と現実に対してどのように向き合うかは、人によってさまざま。

現実主義で頭が固そうな人もいるだろうし、理想論ばかりで現実を見ようとしない人もいます。

ただ、ほとんどの人は理想と現実の間で、自分なりのバランスをとっているのではないでしょうか。 続きを読む

「わらしべ長者」は、可能性を信じ、試行錯誤を繰り返す姿勢の大切さを教えてくれる。

「わらしべ長者」という日本の有名なおとぎ話があります。

内容は知らないけど、名前だけは聞いたことがあるという方もいるでしょう。

簡単に説明すると、「わらしべ」というわらの稲の穂の芯がきっかけにはじまった物々交換が、最終的には家や畑になって、若者が金持ちになったというお話です。

この話から学べることがあり、内容も1分くらいで読めてしまうのでぜひ読んでみてください。 続きを読む

その時、その瞬間にしか書けないことってある。

楽しいと思ったり、悲しいと感じたり、ワクワクしたり。

感情というものは、その時、その瞬間によって変わりますし、川のように、絶えず流れているようなものだと思います。

常に流れている感情というものは、逐一覚えていることなどできません。いちいち「あの時は、こんな気持ちだったな〜」なんて覚えていられないし、つらいことや悲しい思い出がだんだんと薄れていかず、いつも鮮明に思い出せてしまうことほど、しんどいこともないのではないでしょうか。

こんな話をして言いたかったのは、人は、その時感じたことや思ったことのほとんどは忘れてしまうということです。

忘れてしまうということは、その時考えていたことを言葉にしないと、記憶にも記録にも残らないということです。 続きを読む

2018年の振り返りと、2019年の目標。

新年を迎えたので、2018年の振り返りと、2019年をどんな一年にしたいかを文章にしておこうと思います。

去年のはじめに、2018年の抱負を書いていました。

参照:ただただ、淡々と目の前のことに集中する2018年に。

立てた目標に対して、「達成できた」◯、「まあまあ達成できた」△、「できなかった」×で評価しようと思います。 続きを読む

妄想しカタチにする力がものづくりには必要。

「“シン・ニホン”AI×データ時代における⽇本の再⽣と⼈材育成」という興味深い資料があります。

参照:“シン・ニホン”AI×データ時代における⽇本の再⽣と⼈材育成

スライドの一つに、「妄想しカタチにする⼒が富に直結」というタイトルの元、アップルのスティーブ・ジョブズと、テスラ・モーターズのイーロン・マスクの写真が載っています。

ジョブスは、ご存知の通り、iPhoneをはじめ、iPod、iPadなどの画期的なデバイスを世に送り出した人です。

イーロンマスクは、実物のものができていないのに、予約が殺到するような車を売ってしまう。

この二人に共通しているのは、実現できないだろと思うことだったり、こんなことができたらいいなというアイデアを実際に形にしてしまうところなのだと思います。しかも、そんなアイデアは大抵の人は思いつかない。

これからの時代は、お金だけじゃ人は熱狂しない。ある個人の妄想やアイデアに、人々が集まってくる。

上記の二人のようにはなれませんが、ちっちゃくてもいいから、「妄想しカタチにする⼒」を持つことができれば、わくわくするような日々を送れるのではないかと思ってます。